サンマミーア 2 メニューは 37 種類!?癒し系店主こだわり「タピオカ & サンマ焼き」は大評判

1501782

 

はじめに

私のイチオシのタピオカが楽しめるお店は、 東北は宮城県気仙沼市にある『サンマミーア2』さんです。

店主の「りゅうちゃん」のハンドメイドに癒される小さなお店は、2018年に今の場所へ移転したばかり。 復興に向かう南三陸の海に面した港町・気仙沼ならではの魅力が感じられるお店です。

「サンマミーア2」の基本情報

店舗名:サンマミーア2
住所:宮城県気仙沼市田中前1丁目5
電話:090-5186-8625

『サンマミーア2』の場所

「サンマミーア2」は、2019年現在、片浜屋さんというスーパーの敷地の中に、小さなキッチンを店舗として構えています。

飲食スペースは屋外で、ベンチやテーブルが用意されており、 立ち寄ったお客さんたちが、そこここに座ったりカウンターにもたれて、気軽に会話を楽しんでいます。

「サンマミーア2」のタピオカドリンクとは

「りゅうちゃん」がこだわる「ホンモノのタピオカ」は、大粒でプルプルのモッチモチ。強い弾力があって、芋からできていることを感じさせる食べ応えです。

その高級感は「今まで私が食べていたスーパーやコンビニのタピオカは何だったの?」と思わせるほど。 希少なものだそうで、仕入れが難しく数量限定メニューになっている日もしばしばあるようです。

「サンマミーア2」の店主「りゅうちゃん」

商店街やスーパー、オフィス、高校が近いこともあってか、訪れるお客さんの年齢層も性別も実に多様です。

気配り上手の店主「りゅうちゃん」の、穏やかで包み込むような人柄に癒されにくるファンが多いようで、 お客さん同士で交流が生まれることもあります。高齢者と子どもの年齢を超えた繋がりが生まれたり、ママ友ができたりしている場面が見られることも。

流行に敏感な若いママさんは、色々なタピオカを試したけど 大きなモチモチのタピオカは他ではなかなか出会えないからここで買う、と話し、りゅうちゃんに育児の相談をしていました。

放課後の高校生のカップルや、スーツ姿の男性、買い物帰りの老婦人や仕事の休憩の中年男性も見かけます。

「サンマミーア2」のタピオカドリンクメニュー

フレーバーが豊富なところも大きな魅力で、シーズンによって変わるものもあります。例えば、最近だと37種類もありました。店主のりゅうちゃんが、カクテルのように日々ブレンドを研究して、新作を開発しています。

寒い日は
「チャイティー」や「メープルミルク」をホットで。
暑い日は
「ココナッツミルク」や「ラムネカルピス」をアイスで。

おなかが空いている時は
スイーツ感覚の「キャラメルバナナ」にホイップをのせて、 食事の後に立ち寄るなら 「ブルーライチグレープフルーツ」や「男梅」でさっぱりと。
カロリーが気になる時には
「アプリコットミルク」や「フランボワーズミルク」を豆乳にカスタマイズするのもオススメです。気さくなりゅうちゃんと相談しながら、自分だけのオリジナルタピオカドリンクを作ることも出来ます。

メニューは、お客さんの反応を参考に、日々更新されていきます。 リクエストをすれば新フレーバーの誕生もあるかもしれません。そんな楽しさがあるお店です。

チーズティー

最近では「チーズティー」という新しい流行もいち早くキャッチして取り入れ、気仙沼のお客さん達をワクワクさせています。このチーズティーは、お茶の上にフワフワのチーズクリームをのせたもので、中国が発祥と言われているそうです。

お値段はフレーバーによりますが、Mサイズで350〜400円。プラス50円で牛乳を豆乳に変更したり、チョコソースやキャラメルソースを追加することもできます。 プラス100円では、サイズアップや「タピオカマシマシ」、ホイップクリーム追加など、 自分好みのカスタムが大いに楽しめます。

 

 

「サンマミーア2」のおすすめタピオカドリンク

カスタムの豊富さからか、有名カフェチェーンになぞらえて呼ぶ人もいます。「サンマミーア2」のタピオカはメニューが豊富で、行くたびに目移りするのですが 中でも個人的にオススメなのは、ピーチティーです。

さっぱりとした口当たりながらも華やかな香りの紅茶と、甘くジューシーな桃のシロップが 意外にもタピオカに合います。うっとりするような甘さと爽やかな飲み口で飽きません。

「サンマミーア2」の忘れてならない逸品「サンマ焼き」

「サンマミーア2」は、気仙沼では有名な「サンマ焼き」を生み出したお店でもあります。

サンマ焼きとは、気仙沼が水揚げ日本一を誇る、秋刀魚をかたどったたい焼きです。細身のボディにあんこやカスタードクリームがたっぷり入っていて、 たい焼きよりおいしいと評判の逸品です。

こちらも季節限定のフレーバーが多彩に用意されており、それを楽しみに、足繁く通うお客さんが多いです。こちらは一本120円〜。

フレーバーによってお値段が変わりますが、手軽に頬張れる気仙沼を代表するのおやつのひとつです。サンマ焼きは気仙沼でもこのお店でしか食べられないので、 タピオカを飲みに立ち寄られた際は、こちらもぜひ試していただきたいです。

さいごに


この投稿をInstagramで見る

さやかさん(@chan.sayaka)がシェアした投稿


こぢんまりとした素朴な店構えですが、こだわりのタピオカドリンクが楽しめる「サンマミーア2」。きっとお気に入りが見つかる本格的な大粒タピオカドリンクと、 魅力溢れる癒し系店主

そして知る人ぞ知る気仙沼名物「サンマ焼き」に会いに 足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサー広告