東御市関観光農園でブドウ狩り!開催期間と予約・料金は?カットしすぎに注意!【長野県】

cf367b9bc5e392dc762f704f731fa6d9_s

 

2018年の秋、母と長野の蓼科方面へ二人旅
9月の少し暑さもやわらいだ時期で、信州を旅行するのには最適!
旅の途中に、なにか果物狩りがしたいというのが母の要望だったので、
出発前に下調べしてから出掛けました。

蓼科から少し離れた東御市というところに、ぶどう狩りができる農園があると!
しかもけっこう人気らしい!珍しい品種もありそうなので、
マイカーだし、移動は可能なので体験しに行こうかということになりました。


View this post on Instagram

ヨシタカさん(@bmwf13m6)がシェアした投稿

向かった先は「関観光農園」・・・

旅行2日目、さっそくぶどう狩りだ!と張り切るやいなや、しとしと小雨。朝からずっと空はどんよりしてる。あぁ~せっかく楽しみにしていたのに、果たして雨天でもぶどう狩りってさせてくれるのだろうか。

不安になりながらも一か八か出発しました。ネットで調べたところ、予約は不要でOKとのことなので(団体は必要かも知れません)、もしも駄目だったらそのままドライブすればいいよね、ということになり、あえて電話では確認しませんでした。

車で向かっている途中、小雨がだんだんとやんできて、なんと到着する頃には陽がさしてきて辺りがパーッと明るくなりました。わぁうれしい!ぶどう狩り日和だ!

「関観光農園」とは・・・


View this post on Instagram

Hiro Takahashiさん(@ushijizo)がシェアした投稿

こちらのぶどう農園は、8月の終わりから11月上旬まで営業しているそうで、ぶどう狩りは9月から10月頃が最適なようです。その年の気候にもよるのかも知れませんが、私たちが行った9月は、品種によってはかなり少なくなっているものもありました。どうしても欲しい品種があるときは、事前に確認してからの方がいいかも知れません。

施設名:関観光農園
住所:長野県東御市和4306
電話:090-4152-5630
営業時間:8月下旬〜11月下旬

『関観光農園』の場所

 

 

「関観光農園」に到着!


View this post on Instagram

Madokaさん(@madokamatka)がシェアした投稿

駐車場に向かうと、平日にもかかわらずけっこう車が停まっていました。停めるスペースは25台分くらいあるみたいなので待つことはありませんでした。車を降りると雨上がりの晴れという清々しさで気持ちいい。空気もおいしく、広大なぶどう畑の景色も広がり快適です!

ぶどう狩りの受付・入園料は300円!

まずは申し込みに事務所へ行き、そこでハサミとかごをお借りします。入園料は一人300円(税込、HPにクーポンなどは見当たりませんでした)で、入園料分の試食ができるようです(食べ放題じゃなかった…ちょっと残念)。

まずはぶどうの味見をして好みをチェック!

色々な種類のぶどうを、お皿に少しずつ房でいただけたので、お味見ができて自分の好みのぶどうが分かりました。人気はシャインマスカットで、私たちもそれがお目当てでいきましたが、他にも美味しいぶどうを発見することができました。長野パープルや信濃スマイル、ロザリオビアンコ、定番の巨峰などなど。他にも珍しい品種がたくさんあって名前を覚えきれませんでしたが・・・

お気に入りの安岐クイーンを盛りだくさん!


View this post on Instagram

shiiさん(@hr.usausa)がシェアした投稿

中でも安岐クイーンという品種が甘くて気に入り、シャインマスカットと一緒にたくさんカット!カット!することになりました。自分で切った分は収穫重量で精算し、お土産用に持ち帰っても(発送も可能)、その場でいただいてもいいそうです。夢中になってカットしすぎに注意です!

食べごろのぶどうを教えてくれます!

狩るときは農園の方が一組に一人ついて、良さそうな房をアドバイスしてくれるので安心です。ぶどうは繊細なので、ひと房ずつ紙にくるまれているので大切に扱わなければならず、農園の方のご苦労が伺えますね。

お土産用もいっぱいゲット!

どの房がいいのか、さんざん迷ってカットしてなんとかお気に入りの品種をゲットすることができました。うーん、満足満足(笑)。お土産用と自宅用、けっこうな量になってしまいました。でも貴重な体験ができて、お土産話と共に皆に伝えたいのでこれでよし!とします。

「関観光農園」に行く人へアドバイス


View this post on Instagram

かのりこさん(@kano_riko)がシェアした投稿

ぶどう狩りは晴れの日がベスト!

広大なぶどう農園で、天候にも恵まれて楽しいぶどう狩り体験でしたが、ひとつだけ悲しい思い出が…。それは雨上がりのぶどう農園だった為、地面がぬかるんでしまい、帰りは靴が泥で真っ黒になってしまったこと。狩っている最中も、少し斜面になっているところを歩くと、ツルツルっと危ない思いもしましたからね。あぁ、こんな日は長靴を準備するべきでした。

必要な時は長靴をレンタルしよう!

しかし!事務所に戻り、お土産の精算をしていたとき、収穫を終えて戻ってきた他のお客さんが、長靴を脱いで返却しているのを発見。わー、長靴あったんだ、私たちも借りれば良かったと激しく後悔しました。

けどまぁ、殆どのお客さんは自分の靴で入園していましたけれど。サンダル履きの方とかには声を掛けていたのかも知れませんね。自分の泥だらけの足元を見たときはびっくりしましたが、マイカーで来たから気にならないし・・・

さいごに

こんなこともあるので、こちらのぶどう狩りに来る際はやはり車が便利だと思います。だだっぴろい農園なので、車でないと不便な場所だと思います。HPには送迎車などの記載は無いようなので、電車で旅行の場合は、途中でレンタカーなどを借りて出掛けるのがよいかも知れません。

ぶどう狩りでなんか汚れちゃったな!というときは、すぐ近くに湯楽里館という温泉施設があるようなので、そちらでひとっ風呂してから帰る!なんていうのも楽しいかも知れません。

 

スポンサー広告