仙台光のページェントは恋人同士で幻想的なイルミを体験!旦那様には内緒の思い出

d07a6986224a038b3d7adac621e710e7_s

 

本当に感動します!SENDAI光のページェント Since 1986
私の仙台イルミネーション物語

仙台市のメイン通りである「定禅寺通り」に、光の道ができあがります。写真には映りきらない輝きが見れます。ただ、この時期の仙台市は極寒。寒くて寒くて、光の道を彼氏とくっついて歩けるのも魅力のひとつ。そして、ホットワインや仙台もつ煮込みなどいかがでしょうか。


View this post on Instagram

♛KEITA SASAKI♛さん(@s.keita1023ls)がシェアした投稿

基本情報

イベント名:SENDAI光のページェント
住所:仙台市青葉区一番町3-9-10 仙台日の出ビル4F(実行委員会)
電話:022-261-6515
開催期間:12月中旬〜
実施区間 定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
電球数:60万球

SENDAI光のページェントとは


View this post on Instagram

夢太さん(@yumeta69)がシェアした投稿

メインイベント会場では温まる飲み物、食べ物がたくさん用意されています。 私は仙台市に住んでいたことがあるので、その時には毎年、そして仙台を離れて関東に住んでからも、寒くなると仙台のあの景色を見に行きたいなーと思うくらい、一度見ると本当に感動して、また行きたくなる魅力があります。

恋人同士だけではなく、会社の同僚と見に行ったり、女の子友達と行った年もありました。 寒いので現場に長居ができないので、お店へ入ったり、お酒を飲んだり、仙台市の美味しい食べ物が楽しめるのもうれしいです。

特にこのイベントは仙台市の繁華街のど真ん中。デパートや飲食店がたくさんあるし、イベントテントもあるし、色々と楽しめます。

 

 

寒いからこそ美しい


View this post on Instagram

SENDAI光のページェントさん(@sendai_pageant)がシェアした投稿

あのイルミネーションは関東でも見れないと思います。そして震災で失われたものがある仙台市が明るく光るというのも感慨深いものがあります。仙台市の冬は肌に刺さるような寒さで、外出を避けたくなるくらいの気候です。それでも、この光のページェントのときは街に繰り出したくなる!それだけ、愛されて待ちに待っているイベントです。

ワンショットサービス

イベント会場のところに、写真を一枚無料で撮ってくれるサービスがあるのですが、もう何枚目でしょうか。記念に残るものがもらえるのは本当に本当に嬉しいです。暖かい方が多い土地なのですね。

友達との写真、同僚との思い出、そして歳を取っていく自分の変化。若い頃に行ってたときは、まだブログとかもそんなに浸透していなかったので、あまり自分のカメラには写真か残っていません。

あのころは折り畳みの携帯電話だったし。今の2019年なら、“映える”場所なのでしょうね。でも、光が輝きすぎて眩しくて。写真にはあまり上手く撮れない自分の手元に年齢を感じます。違うんです、手が冷たすぎてシャッターが押せません。

のくらい寒い仙台市ですが、その透き通るような空気、寒さが更にイルミネーションを引き立てているのだと思います。

100メートルの光のロード

イルミネーションは定禅寺通りの木々に巻き付けてあり、その光の道を歩けるようになっています。光のロードが百メートルくらいは続いているのでしょうか。絶景です。光に感動して言葉がでないのか、寒すぎて声がでてこないのかな。

毎年ちゃんと暖かい格好をして行こうとは思ってるのですが、寒さが想像を超えているため、対策しきるのは難しいかもしれません。でも、行かれるなら温まる食事とお酒も予定に入れていれば風邪をひかずに済むかと思います。

幻想的な光の世界

光とロードのほかに、メイン会場には光のドームや、光の天使など、写真スポットはいくつかあります。写真の色々なモードを切り替えて撮影すると幻想的で素敵になると思いますよ。友達と見にったときは、メイン会場で販売していた牛タンのウインナー、温かいお酒、あとは仙台名物の“ひょうたん揚げ”をアーケードで食べました。

ホワイトイルミネーション


View this post on Instagram

Mikaさん(@mikaest)がシェアした投稿

何万個でしょうか。まばゆいばかりの光の粒。イルミネーションは暖かみのあるホワイトイルミネーション。 このホワイトイルミネーションと、雪が舞っているときは本当にキレイです。幻想的なんです。

きらめきが半端ないです。 普通のイルミネーションって、人混みだし、“まぁー、一回くらい見れば数年は行かなくてもいいか、疲れるし”というのが私なのですが、仙台市のイルミネーションは別なんです。

仙台を食べながら

仙台市は美味しいものがたくさんあって嬉しいですね。彼氏と行った年もイルミネーションとおしゃれなお店をセットで用意してもらったので、無料のイルミネーションでデートをして、料理はリッチにしてもらえました。旦那さんには内緒ですが、本当に良い思い出です。光のロードは人混みなので、ぐっと恋人に近づいて、腕をつかんで歩けたのが嬉しかったなぁ。

杜の都 仙台

関東圏のイルミネーションも有名なところは色々と回りましたが、仙台光のページェントに勝てるところは少ない気がする。そのくらい、仙台市に見に行く価値はあると思います。仙台市は「光のページェント」といい、「仙台たなばた祭り」といい、沿道を飾り付けて歩いて楽しめる杜の都ですね。

街が本当にキレイです。空気も澄んでいて癒されます。おばさんの私でも、イルミネーションをキレイに撮影できるスマホカメラの設定があれば、どなたか教えてください・・・

さいごに


View this post on Instagram

Nishiさん(@nishiyama.yoshiaki)がシェアした投稿

繁華街なので、寒くて御手洗いが近くなっても大丈夫です。メインイベント会場にも御手洗いはたくさんあります。こどもでも高齢者でも安心して見に行くことができます。

東京駅から仙台駅なら2時間で着いちゃうし、関東圏からであればすぐ行けちゃう距離です。牛タンランチともセットで楽しみたいので、昼間に行って、暗くなってからの雰囲気の違いも楽しめれば一石二鳥です!

 

スポンサー広告