仙台七夕祭り2019花火の日程と歴史や見どころを紹介!世界に誇る紙と竹の豪華共演!

876c81f1fae23c5773e31c5b15267809_s

 

日本一の七夕!伊達政宗の時代より続く世界に誇る、紙と竹の豪華共演

七夕といえば7月の行事というイメージですが、東北 宮城県仙台市で行われる七夕祭りは毎年 8 月に行われます。 見どころをご紹介致します!

基本情報

開催日:毎年 8 月 6 日 ~ 8 月 8 日(花火大会は 8 月 5 日)
時間:10 時〜
場所:宮城県仙台市中心部 仙台駅下車すぐの商店街アーケード

仙台七夕祭りは、戦国武将 伊達政宗の時代から続く伝統行事で諸説あるようですが、7 月は育てていた稲が水害や害虫にやられやすい時期だったので、秋の豊作を願うお祭りだったようです。

当時は旧暦  7 月 6 日の晩に飾り、7 日の朝に広瀬川という大きな川に飾りを流していたことから仙台の七夕は 6 日から始まるようになり、季節感に合わせて旧暦 + 1 ヶ月という考えから、仙台では毎年変わらない 8 月 6 日から仙台七夕祭りが行われることになったといわれています。

歴史

江戸時代にはにぎやかに行われていた七夕でしたが、第一次世界対戦が始まって以降戦争によって不景気をむかえ七夕祭りは寂しさを増すばかり。
しかし、商店街の方が立ちあがり七夕祭りを復活させたことで観光イベントとして生まれかわり、今では宮城県の夏の一大イベントとして、毎年 200 万人以上の方が県外や国外から訪れ、多くの方から親しまれるイベントとなりました。

アクセス

住所:宮城県仙台市青葉区一番町3丁目

「仙台駅」から地下鉄南北線に乗り換え約 5 分「勾当台公園駅」下車

仙台駅を出てすぐに商店街アーケードがあるため、七夕飾りを眺めながら商店街を通り徒歩 20 分前後で出店やイベントが行われる会場、「勾当台公園」まで向かうことができるので時間に余裕のある方は歩いて公園に向かうコースがおすすめです。

みどころ


View this post on Instagram

なつねぇさん(@natsunee_815)がシェアした投稿

勾当台公園

勾当台公園では、仙台おもてなし集団 伊達武将隊によるイベントや、すずめ踊りなど様々なイベントがステージで行われ、出店では仙台ならではの牛タン焼きや笹かま焼き等の屋台もあるので仙台の食も楽しむことができます。

公園にはベンチもあるので座りながら食事をとることもできます。

商店街・アーケード


View this post on Instagram

Vivian Shang/シャンさん(@vivian790420)がシェアした投稿

商店街にはカフェやファーストフード店も多くあるので、休憩をする場合もすぐにお店が見つかると思います。
もちろん、焼きそばやかき氷など定番の出店もあり公園のすぐそばまで商店街や仙台三越などのお店がありますので、食べ物や飲み物に困ることはありません。

食だけではなく短冊を書いたり、七夕飾りを作成できるブースもあるので思い出作りにピッタリ!

瑞鳳殿(ずいほうでん)

少し足をのばして、仙台駅からるーぷる仙台という市内循環観光バスで瑞鳳殿まで向かうことができれば、竹林のライトアップや竹灯籠が期間限定でみられます。
商店街の雰囲気とはまた違った、落ち着いた趣のある大人の雰囲気と夜景を楽しむことができます。

伊達政宗公騎馬像

「るーぷる仙台」に乗り、仙台城跡ではお馴染みの伊達政宗公騎馬像がライトアップされ、仙台市内の夜景を見下ろすことができます。
伊達武将隊によるイベントなども行われているため、夜景を楽しみたい方はこちらもおすすめです。

前夜祭・花火大会


View this post on Instagram

しゅーやさん(@siwawawais)がシェアした投稿


前夜祭として8 月 5 日には打ち上げ花火があがります。 この日は広瀬通りという大通りを交通規制し、約 16,000 発の打ち上げ花火を間近で見ることのできる客席へと変わります。

七夕祭りの期間は交通規制が行われるため、市内に駐車場はありますが混雑が予想されるので鉄道など車以外での方法で参加することをおすすめします。

仙台名物・お土産


View this post on Instagram

Fumi Koike 小池 芙美さん(@fumimaa)がシェアした投稿


お祭りを楽しんだあとは、2018 年 11 月にリニューアルした仙台駅構内のお土産売り場で、定番の「萩の月」、「笹かま」、「ずんだ餅」などお土産にいかがでしょうか。お酒が好きな方は、「浦霞(うらかすみ)」という地酒や宮城県産のイチゴを使ったスパークリングワインなどお土産にピッタリのサイズがあります。

また、ひっそりとファンの多い茄子の漬物はお酒のおともにぴったり! 牛タン通りという牛タンの名店が並んだ通りや、海鮮が楽しめるお店があるので新幹線の時間ギリギリまでお食事することが可能です。

七夕飾りのミニチュアなども販売しているので、思い出を持ち帰りたい方にはこちらもおすすめです!

さいごに

東京から新幹線で早くて 1 時間半でこれる仙台。お盆を外した時期ではありますが、日帰りでも楽しめると思いますので東北の夏祭りを感じに是非脚をのばしてみてはいかがでしょうか?

おおがわら桜まつりで駐車場の混雑を回避する穴場はここ!【白石川堤一目千本桜】

京都祇園祭りの鑑賞穴場スポットと歴史について【日本3大まつり】

金沢まつり花火大会の鑑賞穴場スポットはここ!日程と混雑状況は?

蒲原祭り日本一の屋台でコスパ最強!新潟名物ぽっぽ焼きを実食!

スポンサー広告