泉州光と音の夢花火の交通規制・混雑・駐車場・トイレは?2018年レビュー

09d69c740455941ac8811b9e1702f6cd_s

 

ウォーカープラス2018全国花火大会特集、関西第1位!レポートご紹介
2019年に楽しむ方ご参考にしてくださいね(^ ^)

今回紹介するのは、大阪泉州市で行われている花火大会についてです。関西だけでも様々なところで花火大会が開催されていますが、泉州でも行われていることをご存知でしたでしょうか。


View this post on Instagram

fumio in Kyotoさん(@fumio0728)がシェアした投稿

基本情報

泉州光と音の夢花火
開催地:樽井サザンビーチ
住所:大阪府泉南市りんくう南浜海水浴場
開催日:毎年9月初旬予定(2018/9/1・2)
開催時期:20:00 〜 21:00
打ち上げ花火数:約2万発

アクセス

南海「樽井駅」徒歩10分

みどころ


View this post on Instagram

にっしーさん(@photographer_fit24)がシェアした投稿

レポートその 1. 関西第1位の花火!

打ち上げ時間が1時間ととても短いのですが、その1時間に2万発上がるので、とても豪華です!なかなか1時間で2万発打ち上げる花火大会はないのではないでしょうか。

そしてなんと、「ウォーカープラス2018全国花火大会特集」にて、「関西第1位」に選ばれたようです!もうこの時点で良さが伝わるかと思います!

レポートその 2 .混雑状況やアクセス


View this post on Instagram

☞SHINOBU OKIMURAさん(@shino__1217)がシェアした投稿

花火大会でめんどくさいな・・・と思うことと言えば、混雑状況やアクセスの善し悪しが大半ではないでしょうか。

多くの花火大会では昼過ぎ頃から規制がかかり車で行くのであれば事前に駐車場の確保をする、満員電車に揺られて行くと、行く前からせっかく着た浴衣がよれてしまったり、ヘアセットが崩れてしまったりという経験はどなたにでもあるかと思います。

ですがこの泉州の花火大会では、会場の目の前では交通規制がされていましたが、広範囲では行っておりませんでした。開園ギリギリに行きましたが、近くのコインパーキングに車を停めることができましたので、アクセスのしやすさも良かったかなと思います。

会場の混雑状況もひどくはなく、ゆったりとみることが出来ました。出店はたくさん出ており、ほとんどのお店がチケット制でしたので、普段の出店のように気になるお店に寄って現金払いということが出来るお店が少なかったです。

 

 

レポートその 3. 事前チケット購入で便利

会場入りした時点で事前に何円か分チケットを購入し、そのチケットを持ち出店に行くというシステムになります。いちいちお財布を出さなくて良いので、私としてはとても便利でした。

なんといっても、その出店で買った食べ物を座って食べられるよう、ベンチと机がたくさん用意されており、ほとんどずっと埋まってはいましたが、大人数でなければ少しずつ人の動きがありますので、座る事は可能でした。さらに、その机のある場所から花火がよく見えたので、座ったまま花火を鑑賞する方がほとんどでした。

レポートその 4. 観覧場所


View this post on Instagram

kita_amateur photographerさん(@kita_ap)がシェアした投稿

会場内、ほんとうにゆったりしておりましたので、持ち運び用(キャンプ用)の椅子を持参し、好きな場所で鑑賞するのも良いかと思います。

仮設トイレも7~8台はあり、会場からすぐの場所でしたので、トイレを探して何十分も・・・といったことはなさそうでした。事前に有料チケットを購入すれば、近くの場所に行けるようでしたが、私はそのことについては知らなかったので、無料の場所で見ましたが、十分きれいに見えました。

この花火大会の醍醐味として、音と光が融合しているという事なのですが、音楽は無料のところだと若干聞こえづらいかな・・・といったところでした。

レポートその 5 .子連れママでもOK


View this post on Instagram

MAYUさん(@m_hi258)がシェアした投稿

花火大会にベビーカーで子どもを連れて行ったけど、混雑しすぎて移動だけに体力をつかった・・・といった経験があるママは多いと思いますが、そのようなことはなさそうでした。子連れにもおすすめできると思います。

スタンディングでのみ食べ出来る、背の高い机もたくさんありましたので、バー感覚で花火を見ながら晩酌するのもとてもおすすめです。

会場の真ん中には、少し小上がりの舞台があり、アーティスト?の方と交じり一般客が歌って踊って楽しそうにしている姿もうかがえました。

全体的に、とてもアットホームな花火大会といった印象で、地元の方が多いのかなと感じました。 会場の環境も良く、花火も2万発も上がり、ゆっくり鑑賞できるので、穴場スポットだと思います。

レポートその 6 .音楽フェス


View this post on Instagram

yukariさん(@sponta.mponta)がシェアした投稿

昼間には同じ会場で「MUSIC CIRCUS」という音楽フェスが行われており、国内外のDJが集まり楽しそうでした。アーティストは有名どころで言うとPUFFY、ET-KING、AK-69、寿君、HISATOMIといったところです。DJは詳しくないので、私は分かりませんでしたが、フェスではっちゃけたあとにゆっくり花火を見て帰るのも良さそうですね。

さいごに


View this post on Instagram

Hashisoraさん(@hashisora)がシェアした投稿

客層的には若い子がほとんどで、ULTRAJAPANにいそうなファンの方が多い印象でした。帰りはやはり混雑はします。が、全く前に進まないということはなく、そこまで問題はありませんでした。 出店をまわるのも楽しいですが、ゆっくりと花火を楽しみたいという方にはピッタリの花火大会だと思います。

岸和田だんじり祭りに行ってみた!おススメは有料席のカンカン場!

なにわ淀川花火大会の指定席チケットは必要?入場規制にはご注意を!

吉野川祭り納涼花火大会ではお化け屋敷が人気?おすすめの鑑賞スポットは?

箕面山に家族で深緑ハイキングに!グルメ・温泉も楽しめる穴場スポット!

スポンサー広告