渋川動物公園でスローロリスを手のひらに!可愛すぎでしょ!リピ確実!

39d0aa420bdb1a037d053a89c274eb11_s

 

家族で足しげく通う岡山県の鷲羽山「渋川動物公園」
魅了されるこの公園をご紹介します!

隣には子どもが大好きな『おもちゃ王国』があります。しかし私たちはまだおもちゃ王国へは行ったことがありません。というのも、おもちゃ王国に行く暇がないほど渋川動物公園に魅了されているからなんです。


View this post on Instagram

Miyoko Nakagawaさん(@faustosegno_miyoco)がシェアした投稿

基本情報

施設名:渋川動物公園
住所:岡山県玉野市渋川3-1077-1
TEL:0863-81-3030
営業時間:9:00~17:00 (入園16:30まで)

入場料

大人1,000円、小中学生700円、2歳以上500円

年間フリーパス
入場料:大人4,500円、小中学生3,000円、2歳以上2,500円

※お客様のワンちゃん他、小動物は、ご入園できません。
※18歳未満は保護者同伴

駐車場:無料(100台収容)

アクセス

 

 

どうぶつたち


View this post on Instagram

渋川動物公園【shibukawa animal park】さん(@shibukawa.animal.park30)がシェアした投稿

入場する前から動物たちが出迎えてくれます。入口近くにはほぼ毎回ロバが繋がれています。選んでいるのかはわかりませんが、毎回とてもおとなしいロバで、触っても怒るようなことはありません。

スローロリス

クーカンさん(@coo_cang)がシェアした投稿


夏場はだいたいスローロリスという、手のひらに乗るサイズのとても小さくてかわいいサルが3匹繋がれています。この猿は触ってもいいサルで、丸太がある場所から手を伸ばせば、だいたい手のひらに載ってくれます。

正直言ってこのスローロリスを触るためだめでも入場する価値があるくらいの愛らしさです。入場口、ここでチケットを購入するのですが、ここにもたいていスローロリスが一匹います。何度か行った時には毎回、小さな麻袋の中に入っていました。

機嫌が良ければ出てきてくれるし、もっと機嫌が良ければ、丸太のところにつながれているスローロリスたちよりも近距離で触れ合ったり、手のひらに乗せることができます。

放し飼いのオウム


View this post on Instagram

Sakiさん(@sak.s13)がシェアした投稿

入場するとそこは動物王国です。触れ合える様々な種類の動物がいます。入口から少し入るとオウムが繋がれています。このオウムは女性なら腕に乗ってくれたり、根気強くしゃべりかければ返事を返してくれたりもします。

とてもおとなしいオウムで、腕に乗っても痛くありません。他にも園内には放し飼いのオウムがいろんな場所を闊歩しています。

小動物・鳥

ウサギやアヒル、七面鳥やモルモットなどが放し飼いされているエリアに入れます。中の動物たちが逃げ出さないように気を付けて入り、小動物たちと触れ合います。小動物と言っても七面鳥はとても大きく、初めて見る方にはちょっと恐ろしいかと思います。

しかし見た目の割に性格は穏やかで、ぶら下がっている肉のようなものを触っても怒りませんでした。このエリアのウサギはとても社交的で、歩くと後ろをついてきたりもします。私はここのウサギ以上に社交的なウサギを見たことがありません。

数えきれないくらいの数のウサギがいて、体毛の色や模様も様々でかわいく、噛んだりすることもありませんでした。

モルモットは出ているときもあればいない時もあります。このエリアだけで小一時間楽しめますが、園内には他にも様々な動物がいます。

猫たち犬たち

小動物エリアの横には猫たちのいる建物があり、猫カフェのような感じで自由に猫と遊べます。この建物の中だけでなく、園内には放し飼いの猫もいます。少し歩を進めると、たくさんの犬たちが繋がれています。

この犬は散歩体験もできます。繋がれている犬たちはほとんど全員愛想がよく、触ると喜んでくれます。散歩から帰ったばかりの犬や、体調の悪い犬には「休ませてあげてください」というような看板が立っています。

リクガメ


View this post on Instagram

momojunさん(@momojunko7)がシェアした投稿

とにかく放し飼いの動物が多く、とても大きなリクガメが闊歩したり野菜を食べたりしています。大人は無理かもしれませんが、小さいなら背中に乗せてもなんともなさそうです。なかなかここまで大きいリクガメと自由に触れ合える場所はないかと思われますので、首あたりの皮膚を触ってみたり、貴重な体験ができると思います。私は頭をなでたりもしてみましたが、怒ったりひっこんだりせずなでさせてくれました。

放し飼いの豚

豚も放し飼いです。ただこの豚はどこにいるか発見するのが面白くなるくらい、園内のどこにでも行きます。チケット売り場の前で寝て邪魔になっていたり、竹やぶのある斜面で何かを食べていたり、是非探してみてください。

子ヒツジや子ヤギ


View this post on Instagram

Kagurazaka45.Tokyoさん(@k45.t)がシェアした投稿

ヒツジやヤギ、そして牛舎があります。ヒツジやヤギはほとんど繋がれているのですが、子ヒツジや子ヤギは放し飼いなのと、数匹、常に放し飼いなのが道を闊歩しています。この子たちも触っても怒りませんでした。

子ヒツジ・子ヤギは逃げてしまいがちですが、少し慣れてくると、その柔らかい体毛を触らせてくれます。大体お母さんヒツジやお母さんヤギの近くにいて、お母さんたちも怒ることはありません。牛舎の外にもヤギが繋がれています。

そして牛舎に入ると、大人から子どもまでの牛や馬がいます。寝ているときは遠くて触れませんが、起きているときは近くに来て、触らせてくれることもあります。

さいごに


View this post on Instagram

@sybilla1822がシェアした投稿

渋川動物公園ではこの他にも広大な園内で乗馬体験ができたり、ピクニックができるスポットがあったりもします。園内にある池には水鳥がいて、餌をあげることもできます。

広大な園内を一周するだけでも結構な運動になりますし、一周してまた動物が密集するエリアでくつろぐこともできます。一回行けば魅力に引き込まれるような、動物園とは少し違う特殊な場所です。

 

スポンサー広告