白川郷(世界遺産)は夏もおススメ!宿泊先・見学ルート・グルメまとめ

7f23afb129ad8e193b35cb93d719a67d_s

 

1995年に世界遺産に登録された白川郷。今でも合掌造りの家屋が立ち並び、昔懐かしい風景を楽しむことができます。雪深い冬が人気の季節となっていますが、夏も外せない白川郷!お子さんも楽しめる、夏の白川郷についてご紹介します。


View this post on Instagram

Asako🐭さん(@asakowanibuchi)がシェアした投稿

基本情報

世界遺産 白川郷
住所:岐阜県大野郡白川村荻町
問い合わせ:白川観光協会

アクセス

東京方面から約6時間、大阪方面から約4時間、名古屋方面から約2時間半、北陸方面から約1時間

バス

富山・金沢・高山・高岡・名古屋からのバスが利用できます。

飛騨バス
岐阜バス
名鉄バス
北陸鉄道株式会社

車でお越しの方は、途中の飛騨高山などで観光をするなど、お子さんが飽きないようにするのも一つの手です。
山道が続くので、車酔いをしないような工夫や、薬は忘れないようにしてくださいね

夏の白川郷の魅力

 


View this post on Instagram

@miyabioh2がシェアした投稿

夏の白川郷は、緑が多くて、朝方や夕方はとっても涼しいんです!暖房はついているけど、エアコンはついていない、なんて旅館もあるんですよ。夜に窓を開けるとむしろ寒い!なんていう宿泊者の声も。

また、白川郷ではお水で冷やしたラムネや飲み物、ソフトクリームなどもたくさん!街歩きはもちろん、グルメも楽しめる村となっています。

夏休みとなると、お子さんを遊びに行かせたいけれど宿題が進んでいない・・・なんてこともありますよね。

どうせなら、宿題になる旅行にしたい!白川郷は、歴史も深く、実際に建物の中を見学することもできるんです。建物の構造や、歴史、どうやって生計をたてていたのか、家族構成など、色々なことを知ることができますよ!

詳しく知りたい方は、各施設の案内を予約しておいたり、参加するのがおすすめです。

絶対に外せない!白川郷おすすめルート

車でお越しの方は、「村営せせらぎ公園駐車場」からの出発、バスでお越しの方は白川郷バスターミナルからの出発になりますね。白川郷は最寄り駅がないので、車かバスを利用しないといけません。車酔いしやすいお子さんは注意が必要ですね。

まず村内に着いたら、和田家前から出ているシャトルバスに乗って展望台へ行きましょう!片道200円、行きは急な上り坂なのでバスの利用がおすすめです。20分間隔でバスが出ているので、乗り遅れる心配もありませんね!

展望台からは、白川郷の風景が一望できます

歴史好きなお子さんは、ここにあった「荻町城」についての説明などの看板を見るのがおすすめですよ!展望台を見たら、歩いて集落へ戻ります。

まずは和田家

集落に戻ったら、和田家を見学しましょう。和田家は、白川郷でも最大規模の合掌造りで、今でも人が住んでいます。

和田家では、常に案内人の方がいらっしゃるので、詳しく話を聞きたい!という方は、説明を受けながら中を見学してみましょう。

入館料は、大人300円、子ども150円です。

次に訪れたいのが神田家

神田家も中を見学することができますよ!合掌造りはとても火に弱い建物です。火事が起きないように、中二階の火見窓から使用人や結婚していない次男などが囲炉裏を見張っていたといわれています。合掌造りの構造や、家族構成などを知ることができますね!

入館料は、大人300円、子ども150円です。

その次に、白川八幡神社にお参り

白川八幡神社は、集落にある神社で、毎年秋には「どぶろく祭り」が開催されています。神社で仕込んだどぶろくを振舞ったり、地域の学生が練習を積んだ伝統芸能が奉納されるお祭りです。神社の境内は、夏でもひんやり。ちょっと涼むのにもいいですね。

神社の隣にあるのが「どぶろく祭りの館」

どぶろく祭りの歴史などについて知ることができます。ここも自由研究などには外せないポイントですね!

白川郷どぶろく祭りの見どころと歴史を知る!2019年日程は?【世界遺産】

白川郷おすすめグルメ


View this post on Instagram

roninさん(@ronin1208)がシェアした投稿

夏の白川郷には、おいしいものがたくさん!食べ歩きも楽しめますよ!村内では、飛騨牛串焼き、飛騨牛まん、飛騨牛コロッケ、飛騨牛めし、ソフトクリーム、ラムネ、飲み物、そのほかにもたくさんの食べ歩きグルメが販売されています。

しょっぱいお団子や五平餅もおすすめです!特に夏には、お水で冷やしたラムネが人気ですね!ずらっとラムネが並ぶ姿は、エモい写真を撮影したい方は絶対に外せないシャッターチャンス!また、村内には多くの飲食店があります。

「いろり」では、おいしい白川郷の郷土料理が楽しめますし、とれたての山菜を使った山菜そばも人気です。「落人」では、おかわりし放題のぜんざいが人気メニューですよ!甘いもの好きでも大満足です!遊び疲れたお子さんも、白川郷のおいしい食べ物でエナジーチャージできますね!

 

 

村内の宿泊施設


View this post on Instagram

Masahiro Yamashitaさん(@masahiro.yamashita.522)がシェアした投稿

村内には、多くの民宿があり、実際に合掌造りの家屋に宿泊することができます。
ただ、民宿ということもあり、小さなお子さん連れで宿泊するのはちょっと…と考えている人も少なくないかと思います。

民宿だと、襖で部屋が区切られていることも多いので、迷惑になってしまうんじゃないか、と考えている人もいますよね。

民宿・孫右衛門

村内にある民宿・孫右衛門さんでは、実際に小さなお子さん連れでも宿泊OKだった!という声があります。他の民宿でもお子さん連れで大丈夫な場所は多くあるでしょうし、予約する前に電話で確認しておきましょう。

結の庄

集落から少し外れた場所に、「結の庄」というリゾートホテルができました。こちらは合掌造りの家屋ではありませんし、少しお値段も高め。ですが、貸切風呂の利用ができるので、お子さんと一緒に温泉に入りたいという方はおすすめですよ!

村内のベビーカー利用・トイレ・授乳室

村内でのベビーカーの利用はできますし、むしろ小川が流れていたりと一人で歩かせるほうが危険かも。平坦な道がほとんどですし、舗装もされているのでベビーカーを利用している方を多く見かけます。

村営せせらぎ公園駐車場から集落に行くには、であい橋という吊り橋を渡らないといけません。こちらも舗装されていますし、少し揺れますが問題ないかと思います。

村内のトイレについては、おすすめしたいのが「白川郷バスターミナル」と、「荻町公園休憩所」横のトイレです。こちらのトイレは綺麗に整備されていますし、授乳室やオムツ交換もできます。ベンチなどもあるので、少し休憩するのにぴったりです!

まとめ


View this post on Instagram

landscapes of Japan🇯🇵さん(@landscapes__of__japan)がシェアした投稿

夏におすすめの白川郷についてご紹介しました。子どもの頃の夏の思い出は、大人になっても残るものです。自然豊かな集落で過ごすことは、大人は気分転換にもなりますし、お子さんも新しい発見の多い時間となるでしょう。楽しい夏休みにしてくださいね!

日本の世界遺産はいくつあるか?人気ランキングBest 10 を登録順に紹介! 

道の駅明宝の食事とお土産でお悩みなら明宝ハムとトンカツがおすすめ!(磨墨の里公園)

飛騨古川祭り/起し太鼓の大迫力に感動!見どころを体験談レポート!

スポンサー広告