4月3日はシーサーの日/壺屋やちむん通りでのイベント開催!「まーい」って何の意味?

fb91397b96b845fe73113d8331834eeb_s

4月3日は語呂合わせで「シーサーの日」と制定されています。窯元やシーサーなどの焼物のお店が連なる「壺屋やちむん通り」でイベントが開催されています。

壺屋でシーサーの日・基本情報

毎年4月3日
時間:10:00~18:00
開催場所:那覇市立壺屋焼物博物館
沖縄県那覇市壺屋1-9-32
TEL:098-862-3761

アクセス方法は、国際通りから市場本通りを通り抜けた先にあります。モノレール牧志駅から歩いて15分ほどです。国際通りは道路渋滞が激しいことと、駐車場を探すのが大変です。壺屋やちむん通りは、一方通行で、歩いて廻ったほうが楽しめるので、ひめゆり通りの駐車場に車を停めて、歩いて行くのがお勧めです。

イベント盛りだくさん!

Hirose Kinjoさん(@hirose0124)がシェアした投稿


壺屋やちむん通りの「やちむん」とは沖縄の言葉で「焼物」のことです。シーサーや食器などの焼く窯元や直営店がずらっと並んでいます。石畳の道で、ただ歩いていても楽しい道です。

壺屋でシーサーの日のイベントは

・壺屋焼物博物館無料開放
・シーサー作り体験
・焼物の特価販売
・やちむんまーい、シーサーまーい
・スタンプラリー
・ヤギふれあい広場
・乗馬体験

などなど。

Shinobu bububuさん(@bububushino)がシェアした投稿

壺屋焼物博物館では、焼物の歴史ややちむんの歴史がわかりやすく展示されています。壺屋やちむん通りの始まりは琉球王府が県内に散らばっていた陶工たちを1カ所に集めたことです。歴史のある町並みです。戦火を逃れたので、戦後いち早く復興したと言われています。

シーサーを作る体験がいつもよりお得な価格で出来ます。子供でも出来ます。焼物のお店の全てが特価販売をしています。焼物は陶工さんによる作品なので、気に入ったものがあれば、すぐに入手しないと全く同じものは手に入らなくなってしまいます。お店によっては20%オフもありました。

Habuya Mamaさん(@habuyamamaart)がシェアした投稿

「まーい」の意味はなに?

やちむんまーい、シーサーまーいの「まーい」とは、「巡り」の意味です。時間に壺屋焼物博物館の入り口前にいれば、無料で参加できます。学芸員さんなどくわしい方の解説付きでとても楽しい、散策コースです。やちむん通りに関するコースとシーサー探しをするコースがあります。やちむん通りの歴史や言われないと気づかない、変わったシーサーや小さなシーサー、を紹介してくれます。このツアーだけ公開する見学ポイントもあります。

スタンプラリーは、ヒントを元にお店などにあるスタンプを探すものです。時間制限もないので、のんびり参加してください。スタンプが完成して壺屋焼物博物館の受付に提出すると記念品が貰えます。

ヤギふれあい広場では、いつもは那覇市の大石公園で飼育されているヤギが出張しています。ヤギたちはいろいろなイベントに参加しているので、人に慣れています。撫でたり、エサの葉っぱをあげることが出来ます。運がよければ、ヤギと散歩もさせてくれます。

ポニーが一頭、参加しています。エサもあげられますし、乗馬も出来ます。エサをあげたあとは、今でも現役の井戸で手を洗いましょう。子供は大喜びです。

屋台やグルメ

まーみ食堂さん(@maamishokudo)がシェアした投稿

屋台は10店舗ほどです。近くのお店がお店のものを販売しています。ポップコーン、おにぎり、ベトナムのサンドイッチ、などなど。

壺屋やちむん通りにある飲食店なら、「南ぬ窯(ふぇーぬがま)」と「ぶくぶく」、「ぬちがふぅ」がお勧めです。南ぬ窯は琉球王府から賜った「南ぬ窯」という登り窯のすぐとなりにあります。トンネル状の登り窯は今は使われていませんが、歴史を感じさせます。コーヒーやアイスクリームもやちむんの器で出てきます。

「ぶくぶく」は沖縄の硬水でないと作れない、泡立てたお茶です。のどをうるおすというよりは、泡を食べる感じに近いです。他にもスイーツやぜんざい、ジュースなどもあります。

「ぬちがふぅ」は「ぶくぶく」の姉妹店です。もとはラジオ局だった古民家を改築してお店にしてあります。正統派の琉球料理が味わえるお店ですが、ランチなら手頃です。
「ぬちがふぅ」からは国宝の「東ぬ窯(あがりぬかま)」が臨めます。「東ぬ窯」と隣接する「新垣家」は2018年まで特別な時しか公開されていませんでした。いずれ、一般公開する予定ですが、上から見られるのは貴重な眺めです。

お土産はもちろん,やちむん

お土産はもちろん、やちむんがいいでしょう。特に人気のお店は「茶太郎」「ヤッチとムーン」です。自宅用にするもよし、親しい人へのお土産にもいいでしょう。宅配を扱っているお店も多いので、お店のスタッフに確認してみてください。スーツケースに入れて持ち帰りたい場合は、箸置きや赤瓦コースター、髪飾り、豆皿が良いでしょう。

【まとめ】

国際通りからも近いので、普段から観光客はいますが、国際通りほどではありません。イベントの時も多くの人が訪れますが、混雑と言うほどではありません。4月の沖縄は晴れれば暑いです。水分補給をしっかりして、日焼け止めはこまめに塗り直してください。

スポンサー広告