道の駅彼杵の荘で2 年連続 1 位のお茶の実力を茶々焼きでも味わえる

141a31ff4c9011958e52b4c603c0e62e_s

 

長崎県にある彼杵の荘という道の駅がおススメです。

長崎県の東彼杵インターチェンジを降りて佐世保方面へ5分くらいの場所にあり、アクセスもとても便利です。昨年より行われている、1度高速道路を降りてもこの道の駅に立ち寄れば料金は降りたことにならないという制度もあり、利用しやすくなったのではないでしょうか。


View this post on Instagram

佐世保ひもの 丸富水産さん(@marutomi_suisan)がシェアした投稿

基本情報

彼杵の荘(そのぎのしょう)
住所:長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷747−2
電話:0957-49-3311
営業時間:物産館7:00~18:00、食堂棟9:00~17:00、体験施設・博物館・美術館9:00~17:00
休館日:12月31日~1月3日

アクセス

長崎自動車道「東そのぎIC」より佐世保方面へ300m

魅力いっぱいの食堂

「彼杵の荘」、ちょっと読み方が特殊で、「そのぎのしょう」と読みます。 そして地名は「ひがしそのぎ」です。

なんかカッコいいですよね。 この「彼杵の荘」がある東彼杵は、『くじら』が有名で、売店にはもちろん、併設されている食堂でもくじらメニューを食べる事ができ、とても魅力ある食堂です。


View this post on Instagram

@7chiru16がシェアした投稿

人気!冷凍くじら

冷凍のくじらもあり、それに加えて新鮮な魚がたくさん売られています。午前中には行かなければほとんどの物が無くなってしまうほどです。

新鮮野菜・お惣菜

野菜コーナーも充実しており、地元の生産者の方が作っている野菜がたくさん並んでいます。 外には苗も豊富に売られていて、地元のかたも多く買いに来られています。 こちらで買える惣菜も大変美味しいです。

種類もたくさんあります。お弁当が本当に美味しくて、天気のいい日はお弁当を買って外のテーブルで食べるのも最高です。 「くじらご飯」というお弁当は、容器も可愛くておすすめです。

お茶は 2 年連続 1 位

東彼杵は、くじらだけでなくお茶も2年連続1位になったほど有名です。 売店の一角にはお茶売り場があり、たくさんの種類が売られています。 近くにスタッフの方がいらっしゃって、お茶について聞くことも出来ます。

また、無料のお茶サービスがあります。 テーブルもあるのでゆっくり座ってお茶を飲みながら情報雑誌を読んだり、テレビを見たりしてドライブの疲れを癒せます。

くじら入りだご汁 & 炊き込みご飯

売店のとなりにある食堂ですが、ここの「だご汁」がすごく美味しいです。 野菜もたっぷりで、もちもちっとしただんごが入っていて大満足です。くじらが入っているので、とても珍しいと評判です。「くじらの炊き込みご飯」もぜひ食べて欲しいおすすめメニューです。

トロトロ卵の野菜カレー


View this post on Instagram

daiji kuramotoさん(@fightingmanv)がシェアした投稿

トロトロ卵がかかっている野菜カレーもすごく人気で、運が悪いと昼に行ったら売り切れの事もしばしば。

茶ちゃ焼き


View this post on Instagram

あきさん(@akine3.ai)がシェアした投稿

こちらで売られている茶ちゃ焼き。中の餡がお茶の味でとても美味しいです。 持ち帰りもできるので、みなさんまとめて買って帰られます。そしてソフトクリーム。

バニラも濃厚で大変美味しいですが、お茶のソフトクリームも好きです。しっかりお茶の味がして、あんまり甘いのが得意ではない方も食べれるのではないでしょうか。

中の席が満席の時は、外のテーブルで食べる事が出来るので、天気のいい時は最高に気持ちいいですよ。

 

 

周辺観光・イベント

歴史民俗資料館

この彼杵の荘は、歴史民俗資料館が併設されています。東彼杵インターチェンジから彼杵の荘に向かっていると大きな古墳が見えます。 他にも昔の建物が残されていて、中に入って歴史を感じる事も出来ます。 古墳と昔の建物を見ながら奥に進むと、歴史民俗資料館があります。 1階は無料で見れます。

昔の農機具が置いてあって自由に見て回る事が出来ます。ちょっとしたキッズスペースもあるので、買い物で退屈したお子さんもここでは楽しめます。 期間限定でいろいろな展示会があったり、勾玉作り体験等できたり、親子で楽しめます。

これだけの大きな道の駅ですから、駐車場もたくさんありますので、車が停めれないという事はないと思います 駐車場の中には、電気自動車の充電施設も用意してあります。充電してる間にゆっくり買い物、食事が出来ますね。

そのぎ茶市


View this post on Instagram

お茶のこばやしさん(@ochanokobayashi1966)がシェアした投稿

5月の第2金曜日〜日曜日の3日間はすぐ近くで「そのぎ茶市」というのが行われます。 彼杵の荘からさらに佐世保方面へ1分〜2分行ったところです。 彼杵の荘から歩けなくはないですが、別に駐車場も設けられているので、お買い物をすると考えたら少しでも近くに停めた方がいいかも知れませんね。「そのぎ茶市」ですが、茶市というだけあってお茶もしっかり売られています。

お茶の香ばしい香りが心地よいです。 お茶のサービスコーナーもあり、冷たいそのぎ茶を味わう事もできます。地元のお店やさんが出店しているので、気軽に地元の物を購入する事ができ、とても楽しいです。

この時は「彼杵の荘」も特別多く、食堂もすぐに売り切れになってしまうので注意が必要です。お目当ての商品がある場合は急いだ方が良さそうです。

基本情報

住所:長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷
TEL 0957-46-1700(東彼商工会東彼杵支部)
開催場所:旧長崎街道・そのぎ宿

さいごに


View this post on Instagram

mさん(@32cman)がシェアした投稿

東彼杵インターチェンジは、嬉野温泉へも10分ほどで行けるとても便利なインターチェンジです。嬉野温泉といえば、日本三大美肌の湯。トロットロのお湯に浸かれば旅行の疲れも吹き飛びます。

嬉野温泉へ向かう途中へ寄ったり、逆に泊まった次の日に寄ってみてもいいですね。そういえば嬉野もお茶が有名ですよね。 そのぎ茶と嬉野茶を買って飲み比べをお家で楽しんでもいいかもしれません。

このように彼杵の荘周辺にはたくさんの魅力がつまった場所がたくさんあります。 ETCの立ち寄り施設制度を利用して、たくさんの方にこの道の駅の魅力を知ってもらいたいと思います。

長崎ハウステンボスで日本一のイルミネーション見よう!期間はいつまで?

ハウステンボスの入園料・駐車場・パスポート料金/おススメは氷のカフェ!

長崎ランタンフェスティバルの見どころ・撮影スポット・グルメ口コミ

スポンサー広告