スカイテルメ渋川は改装につき休館中/2019 年 7 月宿泊施設やカフェ増設でリニュオープン予定【群馬県】

ab5cda905df39003332b319c7e5bfda5_s

 

はじめに

渋川温泉きらめきの湯「スカイテルメ渋川」八木原駅から徒歩で15分 渋川伊香保インターから車で3分 群馬県渋川市にある日帰り温泉です。

「スカイテルメ渋川」基本情報

施設名:スカイテルメ渋川
住所:群馬県渋川市半田3129−1
電話:0279-20-1126
営業時間:10:00~22:00
休館日:毎月第2火曜定休(祝日のときは翌日)
料金:大人510円 子供300円
※2019年4月から7月上旬まで、改修工事のため休館です。
※上記は改装前までの情報です。

アクセス

八木原駅から徒歩で15分、車の場合は渋川伊香保ICから3分です。

「スカイテルメ渋川」が田んぼにそびえ建つ!


この投稿をInstagramで見る

kenkenさん(@kenken7411)がシェアした投稿

渋川駅からも、最寄りの駅からも離れているので車で行くことになりますが、広い無料の駐車場があるので安心です。田んぼの真ん中に突然 タワーの様にそびえ立つまるで宇宙船がビルにいや、方舟がビルに不時着した様な建造物が目の前に現れてきます。

実は、方舟の形をした建造物のところに温泉のがあるのです。2階部分ということになるのですが高さ的には4階5階部分くらいの高さを感じます。

その部分に群馬三山である、赤城山と榛名山が眺められる両端にお風呂があります。週替わりだったか、男女の湯が交代していて、タイミングが良ければ2度行くと、その二つの眺めを堪能しながら、入ることができます。

「スカイテルメ渋川」の楽しみ方

システム

まずは、玄関を入ると建物の吹き抜けの高さに開放感があります。フロントに行って代金を支払って、番号のついたバンドをもらいます。その番号で飲み物を販売機で購入できたり、食事をしたりできます。帰りの際の会計時に精算します。

その際に、お食事とお風呂がセットになったお得な割引がある場合がありますから、ご利用されるといいと思います。

お風呂以外には、食事をできる畳の部屋と軽食のお店がありました。プールも併殺していたので、水着を購入するお店があったり、格安の理髪店がありました。さあ、お風呂の方に向かうのですが、エレベーターに乗ります。先ほど説明した4階か5階の高さにあるお風呂に登ります。

エレベータを降りると左右の両サイドには前面の窓ガラスがあり 景色を楽しめます。そこにも、牛乳の販売機や飲み物の販売機があります。その時の状況で二つあるお風呂のどちらかが男湯か女湯ですので気をつけてください。週替わりだったと思います。

注意・アドバイス

この温泉もそうだったか、忘れてしまいましたが、群馬の日帰り温泉は下駄箱や脱衣所のロッカーには百円をディポジット(預ける形式で)百円玉が鍵を掛けるのに 必要なところが多いのでご注意ください。

お金は開錠の際に戻るのですが、ないと1階まで両替に行くか、自動販売機で飲み物のお釣りでどうにかすることになります。

「スカイテルメ渋川」の温泉


この投稿をInstagramで見る

kenkenさん(@kenken7411)がシェアした投稿

泉質は弱アルカリ性等張性高温泉、人気の弱アルカリなのでPh7.5~8.5前後でお肌がすべすべになります。色はこの辺の伊香保や榛名にも近いため薄い褐色ですが伊香保と違って透明です。匂いも少しガスの様な匂いがします。

お客さんのほとんどは地元の農家の人だったりします。また、稀に、入れ墨のお客さんも見えることもありますが トラブルは聞きませんので安心されたらいいですが、幼いお子さんがいらっしゃれば、いろいろおじさんに聞かない様に言っておいてもいいかもしれませんね。

湯船

男女共(週替り)内湯が2つ露天が1つです。内湯は下から泡が出る場所とジェット水流の部分がありましたが、ジェットは動いていない様です。洗い場は、小分けのブースの様に分かれていてプライバシーがあります。

必要かどうかは別ですが、周りは石材です。シャワーの勢いもよく快適ですので、隣のお湯防止にはなりますね。シャンプーリンス ボディソープもどでかいポンプでたっぷり使えます。内湯は広いので文句はないでしょう伸び伸びできます。

手足を思いっきり伸ばしても大丈夫です。露天も広さに問題ありません。なにせ、外の露天に出ると、視野が広々と大空へと天気の良い日は最高です。

露天風呂

露天風呂のある場所の張り出し部になっていてデッキというのでしょうが、テラスというのか、そのヘリはガラスのフェンスで目隠しのフィルムが 貼ってあるので丸見えではありませんが、そのフェンスの上から 下界を眺めることができます。絶景です!

「榛名山(はるなさん)」や「赤城山(あかぎやま)」を見ながら、田園風景を楽しめます。まあ、普通の田舎の風景だと言えばそうですが、それもいい しばし、眺めを堪能して風に吹かれていると時を忘れます。

冷えた体をお風呂で温めなおして、満喫されたら、お風呂を出て、エレベーターホールの左右にあるガラス越しに眺めを堪能しならがらマッサージチェア(有料)と牛乳ででのんびりできます。

食事

下のフロアに戻れば食事もいただけます。ラーメンやそばなどもありますし普通に考えられるメニューあります。畳の部屋も結構広いですし、ぐた〜っと畳に横になったいても十分広いので安心です。

少々寝てしまっても大丈夫ですし、散髪が千円だとも聞いたので散髪されてお風呂に2回目もありでしょう。サービスを食事も含め受けると入館時間も延長できたはず、必ずご確認ください。


この投稿をInstagramで見る

Hironori Ishiiさん(@hirorogram)がシェアした投稿

さいごに

リニューアルオープンのため、2019年夏まで閉館中のようです。 新たにオープンするのが楽しみです。リニューアルオープンした暁にはぜひ、不思議な建物を体感ください。一度、訪れる前に確認してみてくださいね。

 

スポンサー広告