平城京天平たなばた祭は宿泊して夜のイベントを見に行こう!2018レビュー

2df5f4533298bc4108a52a50dd013c9f_s

 

平城京の晩夏にロマンチックな夜が訪れる

晩夏にたなばた?と感じられる方も多いかもしれませんが、奈良時代には、太陽暦ではなく旧暦だったので、今の暦では8月の末に当たるとのことです。

そして、今の暦のたなばたは梅雨の最中で、織姫様と彦星様が会えない年も多いのだけど、8 月末は統計的にも雨が少ないとのことで、ロマンティックな夜を楽しめます。


View this post on Instagram

kuriu kazuyaさん(@kazya9548)がシェアした投稿

基本情報

天平たなばた祭り ~ 平城京天平祭・夏 ~
開催日:毎年 8 月下旬 3 日間開催予定
開催時間:16:00 ~ 21:00
開催場所:平城宮跡(奈良県奈良市佐紀町)
入場料:無料
問い合わせ先:平城宮跡管理センター
〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南三丁目5番1号
TEL:0742-36-8780 FAX:0742-36-8781

アクセス

・近鉄大和西大寺駅南口と JR 奈良駅西口から無料シャトルバス運行(期間限定)
平城宮跡には、駐車場がありません。近鉄西大寺駅から徒歩またはバス、近鉄新大宮駅から徒歩、どちらからでもそれほど遠くありません。

みどころ


View this post on Instagram

祭り広場 京都🇯🇵JAPAN Festival Plaza🗾さん(@amano.jun)がシェアした投稿

奈良公園で、お盆ごろに行われる奈良燈花会の平城宮跡版といえばわかりやすいかもしれません。世界遺産がほのかなろうそくの明かりで埋め尽くされる光景は圧巻の一言です。敷地は、とても広いので、歩きやすい服装でのお出かけをおすすめします

朱雀門ひろばの 4 つのゾーン、「天平うまし館」「天平みつき館」「天平みはらし館」「天平つどい館」には、空調設備もばっちりで、夏の暑さも難なくしのぐことができます。奈良時代のことがわかりやすく説明されている、平城宮いざない館もあり、飽きることなくたっぷり楽しめる場所に生まれ変わりました。

天平みつき館には、奈良の名産やお土産も並んでおり、ぜひお気に入りの一品を見つけてみたいですね。

かき氷


View this post on Instagram

@gubanu2018がシェアした投稿

奈良と言えばかき氷、このお祭りに合わせて、有名なかき氷店がたくさん集まってきます。絶対に食べたいお店が見つかることでしょう。ただし、人気のお店ばかりなので、早めにいかないと売り切れなんてこともありますよ。

フォトジェニック


View this post on Instagram

毎日新聞写真映像報道センターさん(@mainichi_photography)がシェアした投稿

夜のイベントですので、宿泊を兼ねてお越しになるのもいいかと思います。周辺には、奈良ロイヤルホテルをはじめ、宿泊施設も揃っているので、遅くまでお祭りを楽しんでいても安心ですね。 夜だけでなく、お昼も楽しいのが、この祭りの特徴です。バサラの踊りのパフォーマンスにうっとり、小さな遣唐使船にワクワク、写真撮影のスポットもたくさんあります。

夜が更けてくると、織姫、彦星のミラーボーラーの輝きが増してきます。こちらでも写真撮影をお忘れなく。 あと、年によってミラーボーラーの配置が微妙に違ったり、開催場所も少し変わったり、毎年参加しても飽きることはないでしょう。

せんとくん

それから、平城宮跡といえば、奈良県のマスコットキャラクター、せんとくんのホームグラウンドですね。もちろんやってきます。あの風貌で?ステージを所狭しと踊るんですよ。これは必見の価値ありです。

口コミ


View this post on Instagram

レグルスさん(@regulus2208)がシェアした投稿

個人的なおススメとしては、夕方に平常宮跡に着くスケジュールです。朱雀門は、日本夕日百選に選ばれており、美しい夕焼けを眺めながら、次第にお祭りモードに入っていく感じがたまらなく心地よいです。

もっと早めに着かれて、周辺の観光地、法華寺や海龍王寺、西大寺などを巡るのも、奈良公園とは違う天平を味わえると思います。さらに欲張りたい方には、薬師寺、唐招提寺から平城宮跡へ歩く世界遺産満喫コースです。

奈良の伝統芸能が、このお祭りの最中、各地から集結していて、各地へ行かずとも、奈良県内のさまざまなパフォーマンスを一気に見られてしまうという特典もありますよ。

天平の衣装に身を包んだ行列が練り歩く天平行列というイベントもあります。これを見ていると、奈良時代にタイムスリップしたかのような気分になれること、請け合いです。

2018 年の様子

2018 年はキッズアートバッグ展という、子供たちの作品も展示されていて、ピュアな心に触れられて心が和みました。2018 年に初めて開催された気球から平城宮跡を見る!有料ですが、これは一生心に残る景色を見ることができますよ。

乗りたい方は、当日の事前予約をお忘れなく。 同じく2018 年には、平城宮跡歴史公園として再整備され、レストランやカフェも造られました。

さいごに


View this post on Instagram

もんちゃんさん(@kingcrimson_genesis)がシェアした投稿

障がい者や高齢者のためのバリアフリー化もしっかりとされており、老若男女問わず、楽しめるお祭りだと思います。

少し地味な印象をぬぐえない奈良ですが、この平城宮跡の天平祭はとにかく色合いが派手で、そしてオシャレなんです。SNSで 目立つこと必至で、人気者になれますよ。

それぞれの施設は、天平祭期間中、営業を延長していますが、詳細については日にちによって変わったりしますので、事前にこちらで確認してください。

 

スポンサー広告