寺泊で「魚のアメ横」サバ1本焼きがおすすめ!釣り・海水浴子連れ体験

7721f5d0a16bd54f78a95512f9b25b8b_s

 

夏休みは寺泊で一日遊ぼう!日本海満喫旅!!

寺泊は新潟県長岡市にある海のまちです。新潟市から車で約1時間、長岡市中心部からは日本海方面に向かって車で約30分程の場所にあります。

新潟には日本海に面した柏崎、新潟港など多くの港町がありますが、なかでも寺泊は毎日観光客や地元の人でにぎわう活気あるまちです。数年前、夏休みだった小学生の甥を連れて寺泊で一日過ごしたことについてレポートします。


View this post on Instagram

もちをさん(@hirasawa_9632)がシェアした投稿

日本海が広がる自然の遊び場

寺泊は釣り、海水浴、温泉、グルメなどたくさんの魅力があふれるスポットです。 特に夏休みシーズンは海水浴客が殺到し日によっては駐車場も混雑します。駐車場は寺泊アメ横前に広く用意されていて、大型観光バスなども止められるほどの規模があります。

混雑時は警備員も配置されているため誘導指示に従ってちゃんと停めることができます。また満車時はほかに海岸近くにも多数駐車場があるので安心です。

釣りを楽しむなら寺泊


View this post on Instagram

杉野 弘季さん(@hirokinaho)がシェアした投稿

寺泊は日本海側の釣りスポットの中でも、いろんな魚が釣れるといわれる場所でもあります。実際海の近くへ行くと朝から夕方まで多くの釣りを楽しむ人がいます。釣り方は投げ釣りからサビキ釣り、船に乗って沖釣りまで様々な方法で楽しめます。

小学生の甥を連れての釣りだったので、トイレやコンビニが近くにあり船着場近くの防波堤へ行きました。キラキラした青い海のなかでたくさん魚が泳いでいました。アジなどの小魚やフグが釣れて甥も楽しんでいたようです。

場所によっては立ち入り禁止区域だったり、テトラなどの危ない場所がありますので安全のため入らないように注意してください。また近年ゴミや汚れなど釣り人のマナーが悪く、立ち入り禁止区域が増えているとのことです。

これからも楽しく釣りをできるよう、「ゴミは必ず持ち帰る」「立ち入り禁止や危険な場所では釣りをしない」「漁港関係者や地域の方に迷惑をかけるような行動をしない」などのマナーは守っていきましょう。

海水浴では暑い夏を思いっきり楽しんで


View this post on Instagram

小園竜一さん(@kozonosono)がシェアした投稿


寺泊中央海水浴場は駐車場から歩いてすぐの海水浴場です。遠浅で広いこの海水浴場は毎年6月中旬~下旬に海開きがあり、お盆後あたりまで海水浴客でにぎわいます。

脱衣所やトイレ、コインロッカーもあり海の家、浜茶屋もシーズン中は多く並びます。有料の温水シャワーもあるので快適です。また水上スキーやバーベキューは海水浴場では禁止となっているのでそこも安全に海水浴ができるポイントでしょう。

おなかがすいたらやっぱりココ!寺泊アメ横通り


View this post on Instagram

HALさん(@ha_rumi17)がシェアした投稿

駐車場から道路を挟んで「寺泊魚の市場通り」通称「魚のアメ横」があります。 全国的にも有名な「角上魚類」をはじめとした多くの魚市場が連なり、新鮮な海の幸がずらりと並ぶこのアメ横は寺泊に来たら絶対訪れたい人気スポットです。

活気もご馳走

お店の人が大きな声で呼び込み、多くの観光客でにぎわいを見せるアメ横通りはとても活気があふれています。できることなら新鮮で安い魚や貝などを買って帰るのが一番のおすすめですが、生モノは買いたくても買えない…という方もいると思います。そんな時でもアメ横の海の幸を堪能できる方法があります。

焼きサバの 1 本焼き

アメ横のお店の前にはどの店も「浜焼き」が売られているのです。注文後に再度焼いて温かいものを渡してくれるので出来立てのおいしい浜焼きを味わうことができます。定番のイカ焼きや焼きアユ、貝の串などたくさん並んでいるのですが、おすすめは「焼きサバ」!

二人で一本がちょうどいいくらいの大きさで程よい塩味がシンプルな焼きサバは、その脂のノリに驚きます。皮はパリッと香ばしく焼き上げ、中の身はふわっとホロホロで噛むとじゅわっとしたおいしい脂が出てきます。身が詰まったサバなので食べ応えはバツグンです。一度食べると次また必ずたべたくなる塩サバはぜひおすすめしたい一品です。

またお店の方が持ち帰りかすぐ食べるか聞いてくれ、人数分のお箸もくれるのでとても親切だと感じました。所々にイートインスペースやごみ箱もあります。海のまちで海の幸をいただく贅沢をぜひ味わってください。

海鮮レストラン

さらにもうひとつおすすめのグルメをご紹介します。このアメ横通りには各お店の二階がレストランになっており、焼き魚定食や海鮮丼などの料理が楽しめます。だいたいお昼前の11時頃から開店するところが多く昼食の時間帯はどこも混雑しています。ですが回転率が高いお店が多いので、待ち時間は思ったより短いように思います。

 

 

裏路地にも注目!おいしいと人気のお店

先ほどアメ横のレストランをご紹介しましたが、実は本通りから一本裏にある通りにもおいしい料理屋が存在します。

「田舎茶屋ゆきちゃん」は魚料理が本当においしいお店のひとつです。あまり大きくない建物のこのお店は11時~14時までの営業にもかかわらず、ピーク時は列ができるほどの人気店です。

店内に入るとカウンター席と掘りごたつ席があり、壁一面に魚のオブジェやポスター、サイン色紙などがあります。メニューには本日のおすすめなどもあり、どれにしようか迷ってしまいます。迷ったら「海鮮丼」を頼みましょう。

この海鮮丼、魚介の種類と量がすごいんです。普段お店で海鮮丼を注文するとまぐろやエビなどのネタはもちろん乗っていてもなんとなく少なく感じてしまうのですが、この「ゆきちゃん」の海鮮丼はネタの種類が多く、ご飯が足りなくなってしまうほどなんです。またネタはその日、その時期によって違うらしく、お店の人が「これはこういう魚、これは…」と親切に教えてくれます。今まで食べたことのない魚にも出会えるチャンスです。

少々いいお値段ですが、同じ海鮮丼を食べるなら断然「田舎茶屋ゆきちゃん」がおすすめです。ついてくる小鉢やお味噌汁もとてもおいしいので大満足まちがいなしです。

一日の終わりはここで決まり!きんぱちの湯


View this post on Instagram

Rie Sugoさん(@lolita18.rieri)がシェアした投稿

寺泊で一泊するなら「寺泊 きんぱちの湯」です。日本海の目の前にあるこの温泉施設は宿泊・日帰りどちらでも利用可能です。きんぱちの湯の大浴場からは雄大な日本海を眺めることができます。また温泉には「佐渡海洋深層水」を使用しており、海のミネラル豊富なお風呂ですべすべ肌が期待できます。通常の海水とは違いべたつきがないので、洗い流さなくてもさらっとしていて保湿効果もあるとのことです。

食事は予約制で様々なコース料理が楽しめるほか、一階のお食事処もあるのでいつでも海鮮料理を味わえます。コース料理では季節の魚やカニ尽くしのメニューがあり、ちょっとしたお祝いの席にもぴったりです。

食事処や客室、またパノラマ展望室からは日本海が見渡せ絶景です。一日中遊んで、おいしいものをたくさん味わって、気持ちいい温泉につかって、日本海を満喫できるポイントが満載の寺泊は大人も子供も夢中になれる夏の定番スポットです。新潟にお越しの際はぜひ寺泊で楽しんでみてはいかがでしょうか。

マリンピア日本海1番人気はイルカショー/ランチは絶品ノドグロで自分のご褒美

国営越後丘陵公園のナイトイルミネーションがおススメ!屋台・音楽イベントまとめ

ぽっぽ焼きの別名は蒸気パン?名前の由来は?【新潟ご当地グルメ】

新潟まつり/盛大な花火と圧巻の大民謡流しは必見!歴史と意味は?

スポンサー広告