東京ばな奈は種類も豊富でリーズナブル!買える東京駅の場所は?長く愛される理由を分析してみた

74ef2bad89de828168c58c5358a39d1a_s

 

「東京ばな奈」とは

ですが今は色々な種類も増えてカスタード以外にもチョコレートやパンダのプリントがしてあるものもあります。コストパフォーマンスも良いので田舎の大家族や周り近所の方などにも大量に買っていく負担を考えると、やはり「東京ばな奈」は優秀ではないかと思います。

昔流行った「銀の葡萄」というレアチーズ屋さんがありましたが、「東京ばな奈」をつくった会社とおなじようです。どちらもネーミングセンスがありますね。


この投稿をInstagramで見る

susumuさん(@susumu.y)がシェアした投稿

「東京ばな奈」をおすすめの理由

イチオシしたい理由は、お土産として買って運ぶ際にも軽いこと。また、田舎の方って意外と和菓子のアンコ系などには口が越えているので、わざわざ東京で高い和菓子を買うよりは、「東京ばな奈」のような田舎ではあまり買えない「カスタードクリーム」などの洋菓子の方が珍しいので喜ばれるようです。

安くてとても美味しので評判が良くて助かります。第一田舎の方は買ってきたお土産をネット検索で価格を調べる方もそういらっしゃらないでしょう。見た目的にも、とても可愛らしいので、大人から子供まで喜ばれること間違いないないと思います。

どんな相手にお土産として向いている?

味だけでなく、何となく気取りすぎず懐かしい味がしてリーズナブル。しかも話題性があって美味しい、お土産にも軽いので持ち運びも楽と来たら、最高ですね!

ただし、人や場所、場合によっては高級和菓子でないとちょっとチープ過ぎて相手に失礼になる場合があるかもしれないので気をつけましょう。高級ブランドでは無くても、大人数に一気に配りたい場合の一押しになるかと思いますのでお気をつけください。

 

 

「東京ばな奈」はどこで買える?

東京には思ったよりも「コレ!」というスイーツが意外と無いと思うので、「東京ばな奈」は大変貴重な東京を代表するスイーツでは無いかと思います。

普通に美味しくて、喜ばれると思います。ただ説明としては、どこがなんでバナナのお菓子がいつから東京土産になったのか?と聞かれたら。それは答えることが出来ませんが・・・。

とにかく「東京ばな奈」というお菓子が普通に美味しくて東京駅によく売っているというところで良いのではないかな?と思います。


この投稿をInstagramで見る

TOKYO BANANAさん(@hello_tokyobanana)がシェアした投稿

JR東京駅の販売場所

赤レンガ館
ギフトガーデン東京南通路店
ギフトガーデン南口店
ギフトガーデン
東京ばな奈 八重洲南口店
ギフトガーデン中央口店
東京土産ステーション
新幹線北のりかえ口前 催事
ギフトキヨスク八重洲南
グランドキヨスク東京
トウキョウミタス
エキュート京葉ストリート
膳まい東京南口店
東京みやげセンター
諸国ご当地プラザ店

「東京ばな奈」って名前に疑問だけどみんな好き?

東京に住んでいる方全ての人が「東京ばな奈」を知っている、又は食べたことがあるわけでは、もちろんありませんので、お土産といっても、産地的な要素は薄いのであまり深く考えず購入することにしていますが。

今まで買って行って嫌がられたことは一度もありませんので妥当かなあ、と思います。又、一度でも「なんで東京でバナナなの?」ということも聞かれたことはあるようで、実はありません。

みなさんあまり、そこまで考えてはいらっしゃらないようですね。美味しければ意外とオーケーなんだとつくづく思います。

「東京ばな奈」が愛される理由を分析してみた!?

自分が初めて「東京ばな奈」を頂いた時は、なんでバナナが東京なんだ?としばらく売り場を見るたびに不快感がありましたが。そういう名前のスイーツなんだから深く考えるのはよそうと思った瞬間から、「東京ばな奈」が大好きになりました。

その昔「うなぎパイ」が何故大人のお菓子なのかわからずに育ったように、それはそれでネーミングインパクト商品なんだから、良いんだなあと思うようになりました。結局はスイーツって見た目やネーミング力が一番大事で、いつまでも愛されるポイントになるのかもしれないですね。


この投稿をInstagramで見る

@emy3274がシェアした投稿

「東京ばな奈」への思い

あまり、高級すぎてこだわり感が強いのも、1回や2回は良いのですが時期になると飽きが来るのかもしれないですが。いつまでも愛されるお菓子やスイーツって実は意外とお金や時間がかかっていない思いつき的な要素を含んでいるのだと思います。

少し話がずれますが地方のご当地キャラクターのようなものだと思います。ちょっとユルイくらいな方がウケるのと同じで、少しお金かかってない感があるくらいの、軽い物の方が定番で愛されるスイーツというように思えてなりません。

それは、何故なのかは自分でもわからないのですが、一般的にそういう方が受けているので、そういう事だと思います。頂く方も気を使わず気軽にもらえるということかもしれませんね。ましてネーミングも可愛いので、あげる方もそれだけで喜んでもらえるので気が楽というか話題性があって助かったりします。

1度聞いたら忘れないネーミングですからそう行った意味では、開発した会社ってすごく上手だなあと思います。

さいごに


この投稿をInstagramで見る

TOKYO BANANAさん(@hello_tokyobanana)がシェアした投稿

会社では、社員に商品名をつけさせたり自由にするそうですが、どういった理由でつけたのか一度聞いてみたいぐらいですね。きっと思いつきなんだと思いますが天才的ですよね。

スイーツって味よりも結局はネーミングインパクトの方が記憶に残るんではないかととても思います。隣のコーナーに「シュガーバターの木」っていうのもあって非常にひかれたのですが、調べたら同じ会社の商品だっとという。やっぱりなあ、とつい思ってしまいました。