泊いゆまち父の日お魚フェアで本マグロ祭りを体験!「いゆ」の意味は?

いゆ (1)

 

沖縄はマグロのイメージがないかもしれませんが、実は那覇市の魚です。沖縄県民も旅行者も楽しめる「泊いゆまち 父の日お魚フェア」についてご紹介しましょう。


View this post on Instagram

au沖縄セルラー【公式】さん(@okinawa_au)がシェアした投稿

基本情報

泊いゆまち 父の日 お魚フェア~本マグロ祭り~
住所:那覇市港町1-1-18
TEL:098-868-1096
開催時期:6月父の日前後予定(2018年は6月16・17日)
時間:10:00~18:00予定
入場料:無料

天候が悪い場合はイベントの内容が一部変更になったり、中止になることもあります。

『いゆ』とは沖縄の言葉で「魚」のことです。「泊いゆまち」は、漁港に隣接していてマグロなどの新鮮な魚介類を販売している施設で、小売りも行なっています。

毎年、父の日とその前日の土、日にマグロの消費拡大のためのイベントが開催されます。

アクセス

58号線を那覇空港方面から北上し、泊交差点を左折します。離島への船が発着する「とまりん」の奥です。

駐車場もありますが、混雑してしまうので、出来ればバスやタクシーで行くことを
お勧めします。

バス

「泊高橋(とまりたかはし)」下車、徒歩約10分

タクシー

モノレール「牧志駅」から1,000円程。帰りもタクシーが列を作って停まっているので帰り道の心配もいりません。

泊いゆまち 父の日お魚フェアのグルメとは


View this post on Instagram

suu−gaaさん(@suugaa71)がシェアした投稿

普段は駐車場になっている「泊いゆまち」の入り口の前に屋台とステージが組まれており、屋台は7、8店でマグロや魚以外のものも販売されています。「泊いゆまち」の施設の中の店舗でお寿司やお弁当などを買ってステージを見ながらテーブルで食べることも出来るフェアです。

マグロステーキ

お勧めは「マグロステーキ」(200円)です。マグロをホットプレートでさっと焼いておしょう油を掛けただけのものですが、とてもおいしいです。

海鮮てんぷら

もうひとつは、天ぷらです。県外の天ぷらは、サクッとカリっとした食感ですが、
沖縄の天ぷらは衣が厚いので、フリッターみたいな感じです。衣に味が付いていて
そのままでも食べられます。天ぷらの具材はマグロ、イカ、もずくなどです。

 

 

見どころ


View this post on Instagram

tomoさん(@tomo.0322)がシェアした投稿

ステージイベント

模擬セリの実演、マグロ解体ショー、マグロのセリ、利きマグロ対決など、ステージイベントで賑わいます。司会進行は沖縄のお笑い芸人の”ゆうりきやー”の2人です。オジーとオバアの恰好をして笑いを混ぜながら、テンポよく仕切っていきます。

マグロ解体ショー

沖縄のマグロは漁場が近いので、冷凍せずに水揚げされます。生のマグロの味は格別です。大きなマグロはフォークリフトで運ばれてきて、生のマグロを目の前で解体する様子がよく見えます。

迫力のセリ

司会者と掛け合いをしながら説明もしてくれるので、技の凄さが伝わります。ブロック状にカットしたら、一般の人が手を挙げてセリ落とします。すごい迫力なので、波に乗ってセリに参加しましょう。この時期旬の本まぐろがお得に購入できます。

利きマグロ

利きマグロ対決は一般の人に参加してもらって、目隠しをしてマグロを食べます。そのマグロの種類、本まぐろ、メバチマグロ、ビンチョウマグロ、のどれを食べたかを当てるもので、見事正解するとホテルの宿泊券などが貰えます。

お得にマグロを購入

泊いゆまちの店舗でもマグロを中心にした魚介類がお得に購入できます。お買い上げの金額によって抽選券が貰えるので、駐車場にある抽選ブースでくじびきを引きましょう。

特賞は米俵です。本当に当たった方は引きずって車に運んでいました。他にもホテルの宿泊券やお酒、クルマエビ、クリアファイルなどが当たります。

他にもイベント盛りだくさん

夕方からは音楽ライブのステージを見ることが出来ます。遊覧船「オルカ号」のクルージングなどもあります。オルカ号は並ばないと乗船券が入手できないので、どのイベントに参加するか搾っておく方がスムーズです。

混雑情報

地元の人も多く参加しますが、旅行者もいます。外国からの参加者が増えました。
駐車場は混雑しますので、駐車場待ちの列が出来るほどです。「泊いゆまち」の中にある食堂は1軒しかないので、こちらも混雑します。10時からのイベントの開催ですが、沖縄のイベントはゆっくりスタートすることが多いので、お昼頃を目安に参加すると良いでしょう。

動きやすい服装で参加することと、小さいお子さんの迷子に注意してください。トイレは建物の入り口の近くにあります。ジュースの販売機は入り口の手前にたくさんあります。

さいごに


View this post on Instagram

MASAKI GIBOさん(@masaki.gibo)がシェアした投稿

泊いゆまち父の日お魚フェアは、沖縄県民も旅行者も楽しめるお祭りです。沖縄は魚の消費量が少ないのですが、おいしいマグロが入手できるのですから、もっと泊いゆまちやマグロのことを知る人が増えて、おいしさが伝わるといいなと思います。

お得にマグロを購入して家族で父の日をマグロ三昧でお祝いをしませんか。

 

スポンサー広告