富山新港花火大会in海王丸パークのグルメはきっときと市場で!イカ焼きがおすすめ!

IMG_0260

毎年富山県の射水市内の港町で行われる新港花火大会。海上花火が名物のこの新港花火大会は、約5万人のお客さんが地元や県内各地から訪れ毎回大賑わいです。そんな富山新港花火大会の楽しみ方や花火鑑賞時のおすすめポイントなどをお伝えします。

新港花火大会 基本情報

住所:海王丸パーク 富山県射水市海王町8番地
電話番号:0766-82-5197
アクセス:JR高岡駅から路面電車万葉線に乗り45分 海王駅から徒歩5分、北陸道小杉ICから車で20分

新港花火大会のみどころ

IMG_0269

毎年7月末に開催されるこの花火大会ですが、県内でも非常に人気が高く多くのお客さんで賑わいます。なんといってもその特徴は海上花火です。その美しさは圧巻です。

なぜかと言いますと、ただの海上花火ではないんです。海王丸パークで行われるこの花火大会は花火とともに帆船海王丸というもうひとりの主役がいるからなのです。

海王丸パーク(海の貴婦人)

海王丸は商船学校の練習船として誕生した帆船です。海王丸パークではこの海王丸を現役のまま公開しております。その美しい姿は「海の貴婦人」とも言われています。そんな美しい海と船をテーマとした海王丸パークは恋人の聖地としても有名です。

花火大会はライトアップした海王丸をバックに開催されます。夜空に輝く花火が海面に反射し、またそのバックにいる海王丸からのライトアップで三重の光を放つため、非常に美しくロマンチックな花火大会なんです。

指定席はなく早い者勝ち!

この花火大会は指定席券はなく、席は早いもの勝ちです。駐車場も広く料金もかかりませんが、大変混雑します。車でお越しの方はあまり早く来すぎて駐車場奥に車を止めてしまうと、帰りは駐車場脱出まで数時間なんてこともありますのでご注意ください。

新港花火大会おすすめ鑑賞スポット

IMG_0266

せっかくの海上花火なので海も船も花火も全部見たい!というのがベストですよね。私はいつもうまく席を見つけられず後悔してしまいます。

おすすめはやはり海王丸の船首を真正面にした所少し離れて席を取るのがベストだと思います。海王丸が近すぎると花火が被ってしまいよく見えないのです。少し離れたところからのほうが綺麗に全体を見ることができると思います。

花火は約40分にわたっておよそ2000発打ち上げられ、途中ロマンチックなBGMや射水市のゆるキャラのテーマソングを背景にミュージック花火が上がります。地元のゆるキャラのテーマソングが流れ出すと、地元民達はちょっと口ずさんだりしてなんだかアットホームな雰囲気です。

新港花火大会の注意事項

もともと広い公園なので駐車場もトイレもついており設備的なことで困ることはそうないかと思います。一番の難がやはりアクセスと駐車だと思います。

海王丸パークはJRの駅からは遠く、ローカル線を使わないと来ることができませんので、公共交通機関を用いたアクセスが悪いのが難点です。というわけで、たくさんのお客さんが車でやってきます。どんなに広い駐車場でもこの日ばかりは大混雑です。

そして海王丸パーク内に近い駐車場に駐車しますと、帰りが本当に大変です。そう簡単には出られません。実は海王丸パークは隣に新湊きっときと市場という施設があります。その奥が漁港です。海王丸パークからは少し歩かなければなりませんが、帰りの混雑を考えますと、極力きっときと市場側に駐車したほうが安全です。

花火大会当日はきっときと市場内駐車場も花火大会の駐車場として利用することができますのでご安心ください。ただし、歩くことを前提とした服装・靴に気を付けてくださいね。

屋台・グルメ情報

もりやまさん(@moriyama.morris)がシェアした投稿


多くの屋台が出ておりますので食事に困ることはありません。港町ならではの海鮮なんかも楽しむことができます。先ほど少し紹介しましたが、きっときと市場でも多くの海鮮料理を楽しめますので、花火のみならず、グルメもぜひ楽しんでいただきたいです。

きっときと市場はおすすめ!

しらすさん(@shirasu0420)がシェアした投稿


私はよくきっときと市場駐車場に車を停め、きっときと市場でいか焼きを買い、かじりながら歩いて海王丸パークへ、というのをよくやってます。海王丸パーク内の屋台では富山県のB級グルメ どんどん焼きがおすすめです。どんどん焼きはお好み焼きの薄いバージョンといった感じのもので、リーズナブルで軽食にはもってこいです。

またベビーカステラの人気屋台もよく来てくれております。行列ができているベビーカステラ屋さんがありましたら、ぜひお土産として購入をおすすめします。はちみつの甘さがきいて時間賀経ってもとても美味しいです。

花火が始まる前においしそうなグルメを買っておいて、食べながら待ち、食べ終わったところで花火大会スタートというのが私の理想です。ちなみに花火鑑賞スポットの付近にもたくさんの屋台が出ておりますので、席を取った後でも好きなものをすきなだけ買いに行けると思いますよ。

富山ブラック元祖「大喜」レポート!魅力はしょっぱさ/おすすめの食べ方

越中おわら 風の盆の前夜祭を体験・夜の町流しは必見!おららの意味とは?

道の駅雨晴オーシャンビューのカフェで富山ブランド牛「氷見牛」を堪能

スポンサー広告