津花火大会の混雑回避の隠れ穴場スポットはここ!海上花火に白もちくん登場

C9E72109-293C-4836-BC09-3DA5868C7B2B (1)

 

海上から打ち上げられる花火で眺めは最高!
隠れスポットは・・・青山高原!?


View this post on Instagram

Atsukoさん(@gogo_atsuko)がシェアした投稿

基本情報

津花火大会
開催日:毎年7月中旬予定
開催時間:19時45分~21時00分予定
開催会場:三重県津市阿漕浦(あこぎうら)海岸一帯
アクセス
電話:059-229-3234 (津花火大会実行委員会事務局)
駐車場:無料

002EBFF2-EF3F-46FB-A709-208C8B84995C (1)

電車

JR「近鉄津駅」東口3番バス乗り場からシャトルバス運行(片道220円)

伊勢道「津IC」から車で25分

みどころ

音楽に合わせて打ち上げられるので、ロマンチックです。毎年ご当地キャラクターがでてきます。津の白もちくんが花火として打ち上げられていました。形も綺麗で驚きました。他に子どもが好きそうな動物のカエルやヒヨコなどバリエーションが豊富でした。45分程度花火が打ち上げられます。

スターマイン


View this post on Instagram

Koheiさん(@kohei19496)がシェアした投稿

途中で、海上花火といって、船の上から海に向かって、花火を投げる打ち上げ花火があります。海だからこそできる花火なので見所です。打ち上げ花火の円形が半分だけ見えます。

そして、その半分が海の水に反射して映ります。驚くほど面白い花火になっていて、感動しました。最期のフィナーレは流れるようなスターマインです。一面が眩しくなるくらいの素晴らしさに圧倒されました。色とりどりで美しいです。

観覧場所はあなた次第


View this post on Instagram

Nakagawa Ryuichiさん(@puruuuun)がシェアした投稿

津の花火は海岸で行うのでどこから見物するかで、見え方も違います。海岸が広いので少し遠くても大きい花火が夜空一面に見えます。一番近いところまでいくと、大迫力です。目の前がまぶしすぎるくらいです。しかし海岸に寝そべらないと、かなり首が痛むので、敷物を持っていく方がいいです。

他にも高いビルから見るのもいいです。津のハウジングセンターが、海岸より離れたところにあるのですが、海岸より高い傾斜のところにあります。だからそこの屋上から見るのもきれいなようです。海岸の中途半端な位置だと、海上花火は見にくいので、遠いところから下を眺めるのもいいですよ。

隠れスポット

また、混んでいるところで見るのが苦手な人は、青山高原という山があるのですが、その山頂から見るのもおすすめです。青山高原は美杉町と白山町というところをつなぐ道の途中にあるのですが、人が少なく隠れスポットです。

 

 

アドバイス

混雑・迷子に注意

海辺に人だらけです。子どもを連れて行く場合は迷子にならないようにすることです。また、車の人は歩行者がかなりいるので、スピードを出せないので注意です。

上着・サンダルを持参

かなり車は渋滞します。近くの駐車場はすぐ満車。結局花火が始まって、終わるまで車でいる人もいました。帰るときもなかなか出られず、大変そう。おススメは近くのショッピングモールの屋上から見ることです。

また、駅から少しありますが、歩いて海までいった方が絶対に早い。海辺なので、サンダルでいかないと砂だらけになります上着や敷物を持っていくのがいいと思います。

屋台・グルメ


View this post on Instagram

タクミさん(@mementomori1216)がシェアした投稿

屋台はたくさんあります。かき氷、ポップコーン、綿菓子などいいにおいです。でも人気なのは、やはり唐揚げやたこ焼きです。かなり行列ができています。人がすごいので並ばなくてはいけません。

飲み物もありますが、高いのでペットボトルくらいなら自分で持っていくのがいいです

ゴミがたくさん出るのですが、きちんと分別して捨てる場所はあります。

海辺には、海鮮が食べられる海小屋もあります。でも夕方くらいに行かないと満席になりお酒を飲む人ばかりです。

周辺にもグルメ


View this post on Instagram

t_kiriさん(@t_kiri27)がシェアした投稿

近くには高虎ドックというパン屋さんがあります。このパンがかなり美味しいです。中の具材がかなり豊富でいろいろなバリエーションがあります。

なかでもおススメは、生ハムモッツレラチーズのセット、エビアボガド、スモークサーモンです。カスタードクリームのたっぷりと入ったフルーツサンドも美味しいです。

さいごに


View this post on Instagram

乙部 遥さん(@otoyaan)がシェアした投稿

誰にも邪魔されず山の上から花火を見られるなんて、ロマンチックです。デートにおすすめです。ドライブにもなるのでいいですよ。とにかく津で毎年有名な花火なので、ぜひ楽しんでもらいたいです。

道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里で食事なら「めはりずし」と熊野地鶏のラーメン!

赤目四十八滝の忍者修行体験で「水ぐもの術」を実践し免許皆伝【日本の滝100選】

ナガシマスパーランドのチケットを割引料金で利用するには?乗物混雑チェック法

スポンサー広告