上越水族館うみがたりでイルカで癒されたら日本海テラスから沈む夕陽を眺めよう!

792260c046b442e847d3d50d56df353c_s

 

2018年夏!リニューアルオープン!!
「上越市立水族博物館水族館うみがたり」

家族で行ってきました!ママの体験レポート。


View this post on Instagram

Taichanさん(@taiaquarium)がシェアした投稿

基本情報

施設名:上越市立水族博物館うみがたり
住所:新潟県上越市五智2-15-15
TEL:025-543-2449
営業時間:10:00~17:00(平日) 9:00~18:00(土日祝)
※時期によって営業時間が異なる場合があります。カレンダーはこちらで確認いただけます。

入場料

大人一般1800円、高校生1100円、小・中学生900円、 幼児(4歳以上)500円、シニア(65歳以上)1500円

アクセス

上越市立水族博物館水族館うみがたりとは


View this post on Instagram

@hitomi36がシェアした投稿

日本海の目の前に建つうみがたりは、1980年代にオープンした上越市の水族館です。建物の老朽化に伴い、新たに3階建ての水族館として2018年夏にリニューアルオープンしました。

私たちが行ったのはリニューアル翌年の夏ですが、まだまだ館内は多くのお客さんでにぎわっていました。「3Fからはじまる!?珍しい水族館」チケットを購入し館内に入ると、さっそくエスカレーターに乗ります。

ここうみがたりは始めに最上階の3Fまで上がり、階を降りながら周っていく珍しい構造になっています。3階まである館内は歩き疲れてクタクタになるかと思いきや、ところどころにソファやベンチが置かれており、休み休み周るお客さんもいました。

足の悪い方や高齢者、妊婦さん、赤ちゃんを抱っこしているお父さんお母さんも疲れにくい工夫がされていると感じ好印象でした。

開放的な3Fはまさに日本海


View this post on Instagram

maruさん(@puf.hrk)がシェアした投稿

エスカレーターを上りきり3Fに到着すると、屋内エリアと半屋外エリアがあります。屋内エリアではいろいろな魚が悠々と泳ぐ大水槽や「うみがたりチューブ」というトンネル型水槽が並んでいます。

日本海のどんな環境でどんな生き物が暮らしているのか、楽しみながら学ぶことができます。同じ海でも暖かい海流、冷たい海流で生息する生き物は、全然違うのでそんなところも面白さのひとつですよ。

日本海テラス

目の前の日本海がうみがたりからそのまま繋がっているような演出が素敵なエリアです。時間によっては日本海に沈む夕日が見られる絶景スポットになっており、自然の雄大さに日頃の疲れも癒されてしまいます。

またこの「日本海テラス」は立っている足場がなんと新潟県の地形になっているんです。もちろん佐渡島もちゃんとありますよ。とてもユニークなデザインは大人にも人気です。

イルカショーは迫力満点


View this post on Instagram

@pppkcがシェアした投稿

ここ3Fにはイルカショーを見ることができる「イルカスタジアム」があります。ほかの水族館に比べるとイルカショーのエリアがやや小さめに感じますが、その分間近で見られるバンドウイルカのショーはとても迫力がありました。

またすぐ後ろには日本海が見え、まるで海でイルカが泳いでいるように見えます。

 

 

シロイルカにマゼランペンギン 人気者が集う2F


View this post on Instagram

Akihiro.Kさん(@akck.gt0126)がシェアした投稿

2Fへ降りると、屋外に繋がる扉があります。外へ出てみると、飼育数世界一を誇るマゼランペンギンの群れがお出迎えしてくれます。このペンギンエリア、一番の魅力はなんといってもその近さでした。

ロープ一本だけで仕切られているので、ペンギンが私たちの目の前を行ったり来たりするのです。他の水族館ではガラス越しでしか見られなかったペンギンが触れてしまいそうな距離まで来てくれるので、これには娘も大興奮していました。

もちろん飼育員の方が常にいてくださるので、思わぬ事故等もなく安全にペンギンを見ることができます。

シロイルカ

新潟県で初のシロイルカが泳ぐ水槽です。2頭のシロイルカは青い水槽の中でゆっくり泳いだりお昼寝したりしていました。テレビやネットで見たことはあっても、実際にシロイルカを目の前で見るとその大きさにびっくりします。

まっ白でとてもかわいい顔をしています。イルカの持つ不思議な癒しパワーが溢れていて、一日中水槽の目の前にいてもいいくらい穏やかな時間が流れています。大きなソファもあるので、座りながらゆったりとシロイルカを眺めているのもいいかもしれません。

バンドウイルカ

また3Fのイルカスタジアムは2Fまで繋がっているのでここでもバンドウイルカを見ることができますよ。こんなにたくさん水族館の人気者が集まる2Fですが、夫と私が一番興奮したのはなんとイカ水槽でした。

イカって水族館にいるようでなかなか見ないので、こんな風に泳いでいるんだ!と集団でヒラヒラ泳ぐイカに目をキラキラさせていました。

1Fでは海に触れて味わって思い出づくり


View this post on Instagram

snowさん(@xx.snow_snow.xx)がシェアした投稿

最後に1Fまで降りてくると、屋外にはタッチングプールという浅い水槽があります。ここには小魚などの海のいきものが泳いでいて、小さい子どもが入って実際に触れたりできるコーナーになっています。

夏の暑い日は特にひんやり冷たい水に足を入れながらはしゃぐ子どもでにぎわっています。すぐ近くに水道もあり汚れても安心ですが、万が一のために着替えやタオルがあると安心です。

レストラン「レストランテ ロス クエントス デルマール」

上越市と共同開発したメニューやペンギンの故郷アルゼンチンの料理が楽しめます。 どれも美味しそうで迷ってしまいますが、一番のおすすめは「シーフードバジルのパスタ」です。

イカやエビなどの魚介が、にんにくの効いたバジルソースと絡んでとても美味しかったです。水族館のレストランにしては本格的な味付けで、大人も大満足でした。

もちろんお子様メニューやデザートも充実しているので、ちょっと小腹がすいたときからおなかペコペコのごはん時まで、いつでも利用できると思います。

ミュージアムショップ レガーロ

水族館の思い出には「ミュージアムショップ レガーロ」というおみやげショップがおすすめです。お菓子はたくさん種類があるのでお家用、会社用、と、ついつい買ってしまいます。

子どもが大好きなぬいぐるみコーナーにはもちろんシロイルカもありました。娘もシロイルカに魅了されたようなので、ふわふわのシロイルカのぬいぐるみをおみやげで買って帰りました。

さいごに


View this post on Instagram

@pppkcがシェアした投稿

一年中楽しめる水族館ですが、うみがたりは屋外エリアも多く日本海の爽やかな潮風を感じることができる夏が一番おすすめの時期だと思います。またリニューアルして間もないため、長期休みや週末は多くの人で混み合っています。

すこし落ち着いてゆったり見て周りたいと思ったら、やはり平日が比較的空いています。ですがうみがたりは館内がとても広い分、ベビーカー置き場やソファ、ベンチがきちんとあるので全部見て周っても疲れなかった!というのが本当のところです。

また当日内であれば何度でも再入場ができるシステムがあるので、レストランが混雑する時間帯は一旦他の場所で食事をする、なんて事も可能です。何度でも足を運びたくなる水族館うみがたり、家族との夏の思い出に一度訪れてはいかがでしょうか。

道の駅新潟ふるさと村「バザール館」で新潟の食をとことん味わう。

いくとぴあ食花では乳児エリアもあって助かる!こども創造センター

加茂山公園リス園のエサやり体験は雨の日は中止に?子供は150mの滑り台に夢中

マリンピア日本海1番人気はイルカショー/ランチは絶品ノドグロで自分のご褒美

新潟県立植物園では無料のガイドツアーを!イベントもあり1日遊べて子供も大満足!

スポンサー広告