安芸グループふぁーむには焼きナスアイスが!なぜ茄子?味は?評判は?

9dee34e7f1fbc681eba975378ec0a8d8_s

 

自分が一押しするおススメスイーツは高知県安芸市の「安芸グループふぁーむのアイスクリーム」です! 自分の地元は、この会社がある安芸市よりもさらに東にある室戸市ですが、高知市へショッピングや用事へ行く時に必ず立ち寄るのが、安芸駅の構内にある「安芸駅ぢばさん市場」と言う直売所です。

近隣農家さんが持ち込んだ取れたての野菜を購入することが最大の目的なのですが、安芸市はちょうど高知市と室戸市の中間にあるので、休憩がてら安芸駅で販売しているこの会社のアイスクリームを買ってもらっていました。


View this post on Instagram

t* o o tさん(@nami_to_ot)がシェアした投稿

施設名:安芸駅ぢばさん市場
住所:高知県安芸市矢ノ丸4丁目2−30
電話: 0887-35-7500

『安芸駅ぢばさん市場』の場所

「安芸グループふぁーむ」のアイスクリームとは


View this post on Instagram

あこさん(@kunitoako)がシェアした投稿

この会社が販売しているアイスの最大の特徴が、材料に普通は使わないであろう野菜をふんだんに使っているところです。特に最大のインパクトを放っているのが、焼きナスを大量に使った「焼きナスのアイス」です。

他にも「ショウガ」や「青のり」、地元安芸市の酒造会社の「酒かす」など、アイスとしては想像しにくいフレーバーを多く揃えています。

青年たちの結晶!アイスクリームでむらおこし

平成7年に創業した安芸グループふぁーむは、「安芸市の町おこしのために、何か出来ることはないか?」と言う考えの元、安芸市の異業種の青年たちが行動を起こしたのが発端でした。

元々安芸市は、全国トップのナスの生産地である高知県の中でも県内生産量の半分を占めるほどの一大産地で、その特産品であるナスを使った新商品を開発しようと話が持ち上がりました。しかし既存の商品となると、味に自信はあってもインパクトに欠けてしまいます。

アイスにナス!?「焼きナスのアイス」誕生!


View this post on Instagram

Wakuueさん(@gdb.g.ej20)がシェアした投稿

物は試しで市販のアイスクリームに手持ちのナスを焼いて混ぜ込んでみたところ、これがまさかの「いけるぞ!」と言う美味しいアイスへと変身してしまいました。

偶然にも会社設立よりも前に、焼きナスのアイスの原型が生まれてしまいましたが、「これはインパクトもあって商品としても売れる!」と確信した青年たちは、そこから本格的に野菜のアイスクリーム作りを始めました。

試行錯誤を繰り返して完成した「焼きナスのアイス」は、今ではアジア最大級の食品・飲料展示会でも最高金賞を受賞するほどの名物になりました。

「安芸グループふぁーむ」のフレーバーは?材料は?産地は?


View this post on Instagram

harunosuke5さん(@harunosuke55306)がシェアした投稿

全て県産品を使用しており、目玉商品でもあり変わり種でもある「焼きナス」や「ショウガ」、「酒かす」のほか、老若男女に愛される味として「土佐ジローの卵」や「ミルク」、そして高知県の特産品である「柚子」、高知県でも生産者が少なく希少価値の高い「黒糖」も生まれ、今では全14種類のフレーバーが販売されています。

 

 

アイスクリームはどこで購入できる?価格は?

安芸グループふぁーむのアイスクリームは安芸市の直売所のほか、安芸市の「道の駅大山」や「安芸駅ぢばさん市場」、県内外のアンテナショップで購入することが出来ます。

また蓋に土佐弁が書かれた可愛らしいデザインのカップアイスでも販売されており、高知県内のスーパーやコンビニ、公式ホームページから通信販売で購入することも可能です。

カップアイスは全て税込みで486円で、人気の高い「焼きナス」「青のり」「酒かす」は組み合わせと個数を変えてセットとしても販売されています。こちらは6個入りで税込み2916円になります。

人気ナンバー 1 は?おススメの味は?


View this post on Instagram

mashimashiさん(@mashimashi24)がシェアした投稿

インパクトを求めるなら意外性を求めるなら「焼きナス」や「酒かす」を選ぶのもいいですが、自分がおススメしたいのは「土佐ジローの卵のアイス」です。

土佐ジローは高知県が誇る幻の地鶏で、安芸市でも市街地から遠く離れた山奥にある畑山地区で飼育されています。元々は卵を食べる目的で生み出された品種ですが、肉も非常に美味しくスーパーではなかなか購入出来ません。

「土佐ジローの卵のアイス」がおススメの理由

それはアイスにした時の濃い味にあります。元々土佐ジローの卵はそのままでも濃厚な味わいが特徴なのですが、アイスにしてもその濃厚さが薄れていないからです。

それが他のフレーバーのアイスと一緒に食べても味が負けずにしっかりと残っていて、かつお手頃価格で食べられるので、スイーツ好きには是非とも一度は食べてほしいフレーバーです。

俺の注文方法

ちなみに自分はワッフルコーンで注文する時、「土佐ジローの卵」に「かぼちゃ」か「ミルク」のフレーバーと組み合わせて注文します。「かぼちゃ」も「ミルク」も濃厚でありながらもどこかホッと一息つける甘さで、子どもの時からの定番です。

さいごに


View this post on Instagram

ここちのさん(@relax_cocochino)がシェアした投稿

「焼きナスのアイス」は大人気商品となりましたが、そもそも焼きナス自体が好き嫌いがはっきりと分かれやすい食べ物であることも影響しているから、やはり単品で食べると炭火で焼いた皮から来る独特の苦みが苦手な人も多いです。

自分の母親は大好物なのですが、東京在住の友人はやはりその苦みのせいで苦手でした。そこで、高知県東部へ観光に行った際の帰り道にワッフルコーンで食べられる「安芸ぢばさん市場」に立ち寄った際に、土佐ジローの卵と組み合わせて食べさせてみました。

すると「皮の苦みだけが上手く中和されてすっごく食べやすくなった!」と非常に喜んでいました。なので単品では苦手と言う人も、一度安芸市まで足を運んで他のフレーバーと組み合わせれば、非常に食べやすいアイスクリームになると思います。