旅館 吉田屋はカフェランチも楽しめる嬉野温泉宿。佐賀牛が絶品!美人湯に驚きの旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

はじめに

佐賀県の嬉野温泉街の中にある旅館のひとつで、その名前は吉田屋です。最近、高齢の方を誘致しようと嬉野市としても取り組みを行っているということでお馴染みの嬉野温泉街にある旅館です。

旅館へは、夫婦二人で利用し、11月上旬の連休にて利用しました。宿泊料金は二人で35,000円ほどと、一泊二食付きで考えるととてもリーズナブルという印象を受けました。

「旅館 吉田屋」の基本情報

宿名:旅館 吉田屋
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲379
電話:0954-42-0026

店舗名:cafe&shop KihaKo
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲379
電話:0954-42-0178
カフェ&ランチ:メニューはこちら

『旅館 吉田屋』の場所

「旅館 吉田屋」までの道のり


この投稿をInstagramで見る

eri ooshimaさん(@eri6383)がシェアした投稿

旅館までの移動は、車で移動し旅館まで行きました。旅館から10分程のところに高速のインターもあったので、遠方からの人も比較的、行きやすいかなと思います。

旅館の近くに数ヵ所あり、河川沿いという立地から交通量も少なく、運転があまりなれてなかった嫁でも危なげなく運転することが出来たと言っていました。

「旅館 吉田屋」の魅力

旅館の外観は、最近リフォームを行ったようで非常にきれいで、インスタグラム人気にも対応しているように、おしゃれな雰囲気を出していました。

一方で、階段などは昔ながらの傾斜が強めの階段とかも一部残してあり、旅館の利用者に支障がない程度で、昔ながらの趣を残している落ち着く環境がそこには整っていました。

また、旅館の横には併設された雑貨屋もあり、川沿いの散歩ついでに寄ったりと、非常にゆっくりした時間が過ごせるような環境となっています。

 

 

「旅館 吉田屋」の美人の湯


この投稿をInstagramで見る

tabi@nonoさん(@nonozo11tabi)がシェアした投稿

何といっても温泉のお湯です。私は佐賀に住んでいましたが、一度も、嬉野温泉に入ったこともなく、特に、関心もありませんでした。

妻に、嬉野温泉は、日本三大美人の湯のひとつだから行ってみたいということで、その際も行った感じでした。その、あまり関心がなかった私が、温泉に入った瞬間、本当に衝撃を受けたことを今でも覚えています。

例えがあっているかは不明ですが、まるで、あんかけの中に入っているかのように、からだがお湯に包まれるのが分かりました。そして、お湯からから上がると、いつもの乾燥肌が嘘のようにしっとりとしています。

湯上りすべすべ男性もうっとり

いつもは、お風呂から上がったら毎日、保湿クリームを塗らないと、その夜に猛烈なかゆみを感じるほど、生まれた頃からの慢性的な乾燥肌です。それが、嘘のような保湿をからだが感じていました。

おそらく、美人の湯と呼ばれていることもあり、やはり、関心は女性の方が強いと思いますが、男性も行かれてみたら、その衝撃にリピーターになること間違いないと思います。そして、乾燥肌の方には絶対的におすすめです。

3ケ所の家族風呂

通常の旅館では温泉は1ヶ所、もしくは2ヶ所という所が多いと思うが、当旅館は4ヶ所ほどあります。また、何といっても家族風呂も3ヶ所ほどあり、それは、入り口に鍵が置いてあり、利用する人が鍵を閉め、入り口に記載した時間まで利用できるというシステムでした。

初めてのシステムで戸惑いもありましたが、家族風呂の数もあったので、比較的スムーズに利用させて頂くことができました。家族風呂のスペースは思ったより広く、何より、小さい子供を着替えさせる台も設けてあり、細かいサービスが行き届いていることが感じ取れました。

施設・サービス

他にも、旅館の受け付けのところには、DVD の貸し出しがあり、もちろん無料で部屋にあるDVDデッキで視聴が出来るというサービスもありました。

旅館内を移動する際の浴衣だが、数種類のデザイン、サイズから選ぶことが可能で、女性や子供の心を良く理解されているなーと関心しました。

さらに、嬉野と言えばお茶で有名な地域ですが、部屋にはそのお茶と茶菓子があり、ご当地のものを頂ける嬉しさもあります。

「旅館 吉田屋」の料理


この投稿をInstagramで見る

Hitomi320さん(@karen20hitomi)がシェアした投稿

食事は部屋食と食事処のどちらかを選択可能で、私は食事処を利用しました。個室タイプとなっており、周りの人などを気にせず、食事や会話に集中できたのは非常によかったです。

注目の食事ですが、豪勢なコースの内容でした。もちろん、佐賀県と言えば、松坂牛などの種牛としても利用されている佐賀牛が有名ですので、メインは佐賀牛のステーキでした。焼き加減は選択可能で、絶妙な焼き加減で届けられたお肉は絶品の一言でした。

佐賀県出身と言えども、佐賀牛を食べる回数は数えるくらいしか無いので、至福の時でした。そして、メインを終えたところで出てきたのが、嬉野温泉のお湯を使った温泉豆腐です。これが、さらに絶品で、豆腐のとろける具合が今までに感じたことのないほどの、とろけ具合で最高でした。

翌日の朝御飯にも、この温泉豆腐ご飯が出てきて、非常に美味しかったです。

さいごに

旅館へ泊まった際は、夜に到着し、翌日も昼には戻らないといけないタイトなスケジュールだったので、次は周りの散策等も含めて、リピートさせて頂きたいおすすめの旅館です。

 

スポンサー広告