着なくなった服を処分するとき燃えるゴミで出してよいの?ファスナーはどうする?

zippers-3832572_640 (1)

 

燃えるゴミの処分も有料化になっている地域がほとんどで、指定されたゴミ袋を買い分別して指定の曜日・場所に捨てるのが原則です。「これって何ゴミ?不燃物?」「一般ゴミでいいの?」などと悩む時ありませんか。着なくなって捨ててしまおうと思う洋服もそのひとつです。

 

着なくなった服は燃えるゴミでOK?

 

OK です。としている地域が多いようです。化繊、革など生地の素材によっては燃えるゴミに出せないボタンや金具は取り外すなどの決まりごとがある地域もあります。また、使用可能な衣類は「資源ゴミ」として使用不可の衣類は「燃えるゴミ」としての回収をしている地域が多いようです。

住んでいる地域でゴミ出し分別ルールが違いますので、捨てる前には確認し、地域住民に迷惑のないよう心掛けることが大切です。住む地域の役所ページに掲載されている「ゴミ分別・出し方」のページが便利です。

服に限らず、「これは何ゴミ?」と疑問に思ったら参考にできるので、ブックマークや印刷してキッチンに貼っておくなどすると家族全員で管理できます。

 

一度に大量に捨てることは可能?

 

ルールを守れば OK の地域が多いのですが、制限されている地域もあります。「 5 キログラム以上になる場合は、資源ごみの日に捨てる」「使用可能衣類と使用不可衣類は分別する」などです。

例えば、東京都世田谷区では、衣類(ストッキングなど化学繊維を含む。)は、可燃ゴミとして OK とされています。しかし、「 1 回の排出量は、45 リットル袋で 3 袋までです。」というルールです。このように、地域での決まりごとがあります。

 

ファスナーなどがついている衣類はどうする?

zipper-3484702_640

そのまま出しても OK の所の方が多いようです。リサイクルを目的とした資源ゴミとして別回収を行っている地域では、取り外さないでという指示があります。しかし、できるだけ外してほしいという地域もあります。一例のご紹介です。

 

【東京都葛飾区】

燃やすゴミとして OK 。ボタン・チャックはそのままでもかまいません。衣類などの古布は資源回収も行っています。

【千葉県旭市】

リサイクルできない衣類は可燃ゴミとして OK 。ボタンやファスナーを取り外す必要はありません。

【兵庫県尼崎市】

そのままで着用可能な状態の衣類を出してください。汚れのひどいものや破れているものなど着用できないものは「燃やすごみ」に出してください。

【埼玉県所沢市】

「古着・古布」は専用の車両で収集します。ボタン・ファスナーは外さないでください。まだ使用できるものは、「もったいない市」に出すことで展示され必要な人が持ち帰れます。

【鳥取県米子市】

可燃ゴミとして OK 。金具類・ボタン・ファスナーなどは、できるだけ取り外してください。

 

このようにファスナーだけでも色々な取り決めがありますので、自分の住む地域のゴミ出しルールを確認し指示に従うよう注意が必要です。

 

 

各自治体に問い合わせをしてみる

 

keikoryさん(@sukima_no_hitocoma)がシェアした投稿

衣類の生地や素材、サイズ等で捨てるにあたりどうしても悩んでしまう場合は、住んでいる市や区にメールや電話で問い合わせてみるのが間違いありません。ゴミは自分勝手な判断で出してしまっては地域住民にも迷惑になり、またトラブルの原因にもなりかねません。

一度問い合わせれば、次回からは悩まず安心して出せます。特に引っ越しした場合は、一度問い合わせしてみた方が間違いもありません。引っ越し手続きなど役所を訪れる機会があれば、ルールブックをもらうこともひとつです。直接聞いてみるのも良い機会かもしれません。

 

リサイクルをお考えの方

 


「もったいない」衣類を捨ててしまうのは、やはりもったいないと思う人が多いはずです。どうしても必要がなくなった場合は、地域のエコステーションなどに持ち込むことで再利用されます。「もったいない市」など開催されるなど、積極的に再利用を取り組む地域が増えています。再利用のための方法をいくつかご紹介いたします。

こちらの記事と合わせてみてくださいね!!リサイクル・リメイク・寄付するNPO機関をたくさん紹介してみました!

着なくなった洋服をリメイク&リサイクル!断捨離する5つの方法をご紹介

 

【地域の資源ゴミ】


条件をクリアしているものは、ほとんどの地域では資源ゴミとして回収可能です。また、エコステーション、リサイクルプラザなどを設けている地域もありますので活躍できます。

 

【フリーマーケット】

mamiさん(@mamiy2017)がシェアした投稿

公園やイベントとして開催されるフリーマーケットでは出店希望者を募っています。出店料は掛かりますが、自分の古着をどんな人が必要として再利用してくれるのか直接見届けることができますし、少しのお小遣いになることも楽しみです。

 

【寄付】

Yuka Takashiさん(@y.y_takashi)がシェアした投稿

NPO 団体などを通じて、医療や教育、紛争や災害で困っている助けを必要としている人のためなどに役立てることができます。捨てるはずだった古着を送ることで、ひとりの命が救われることもあります。インターネットで簡単に申し込みができます。

 

まとめ

 

Kizakura Chicchoさん(@kizakurachiccho)がシェアした投稿


環境庁発表データによると、1 年間に出る全てのゴミの量は、約 4400 万トン、1日一人が出す量は約 1 キログラムといわれています。また、不名誉なことに日本は世界一ゴミの排出量が多い国とも。物に溢れ裕福で贅沢な生活を送っているということの表れかもしれません。何気なく捨てているゴミですが、今一度ゴミというものを意識し捨てる前に、できる限り再利用を心掛けたいものです。

スポンサー広告